So-net無料ブログ作成

伊那市B級グルメフェスタ ローメン [ローメン]

 伊那市B級グルメフェスタ、当然御当地名物ローメンも出品されている。
inabkyuu016.jpg
inabkyuu015.jpg
 ローメンはB-1フェスタ用の出品ローメンの提供で1喰500円なり。
inabkyuu162.jpg
 肉はマトンを使用。キャベツが載せられている。
inabkyuu166.jpg 
 麺は少し歯応えがある状態で自分はこの方が好み。
inabkyuu164.jpg
 基本的な味付はしっかりされており、初めての方でもあまり戸惑わずに味わえるだろう。
inabkyuu062.jpg
 卓上調味料は酢、胡麻油、ソースが用意されていた。酢を少し多目でいい感じだった。
 スープをかけるので持ち帰って摂取するようだと麺が延びてしまう。このため持ち帰り用はスープoffのヤキソバのような状態にされていた。スープを別容器で提供するようにしても良さそうだ。
inabkyuu055.jpg
 麺を炒めてから上からスープをかけて仕上げている。
 B-1フェスタ参戦に当たりヤキソバ風とスープ風の2種あることがネックとなっていたため統一レシピの完成となった。
 実は2011年高遠城址公園のさくら祭りでも提供があったのだが、このときは注文を受けてから1人前ずつ調理されていた。
 今回はイベント用に或る程度まとめて調理するのでこちらの方がより実際の提供品に近いと思われる。

 ローメン早食いタイムトライアルも開催。
inabkyuu074.jpg
 500円払って参加すると500円分のローメンお食事券が貰える。記録更新者は更に500円分贈呈。シャイな人が多いのかなかなか出場者の名乗りが挙がらなかったが、徐々に参加者が出始めた。
 最初の挑戦者には無条件で500円券進呈とのことだったが1分22秒と先ず先ずのタイム。
 2人目は普通にゆっくり喰べている。あんたただの昼喰ですやん。
inabkyuu081.jpg
 信州大学の学生が何人か参加してからは俄然盛り上がりを見せ、59秒台の好タイムが出現。この辺りで自分は時間切れで退場。
inabkyuu067.jpg
 こちらで貴方もローメンが味わえるかも?

 おまけ。ローメンズクラブのイメージキャラクターのウマカロー、クラブの法被を着て応援。
inabkyuu038.jpg
 何故か羊では無く馬がモチーフ。語呂合わせに拘った為?
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

駒雪 紫輝彩丼 [紫輝彩丼]

 紫輝彩丼の4杯目は駒雪。
kamayuki307.jpg
kamayuki308.jpg
 紫輝彩丼は現在のところ1日10喰の限定となっている。
 前回は夜の訪問だったため既に提供終了しており味わえなかった。今回は事前に電話をして確保しておく。
 仕事でもこのくらい用意周到であればまた違った人生が..................、でも多分やっていることは同じ。
 午後の昼喰時間を少し過ぎていたため店内は空いていた。紫輝彩丼は定喰メニューになっている。元気良く紫輝彩丼定喰を注文(840円なり、2011年2月現在)する。
kamayuki313.jpg
 メニューには紫彩丼定食と間違って記載されているのは御愛嬌。事前に頼んでおいたためか数分で登場。
kamayuki317.jpg
 鳥腿肉を一晩ワインに漬け込み、薄く衣を付けしめじ、玉葱と一緒にソティーにしてある。
kamayuki318.jpg
 肉は柔らかくジューシー。塩、胡椒で下味が付けられている。
kamayuki325.jpg
 煮かつ丼に使用するようなタレが全体にかけられていた。ポーチドエッグとグリンピース、紅生姜がトッピングされている。卵の黄身は半熟でまぶして摂取するのも良い。鶏肉が美味しかったので黄身で味がぼやけるのを嫌って自分は卵を別に喰べてしまった。御飯は1合強。
 小鉢(この日は筑前煮、蕨のお浸し、昆布煮豆)、香の物、味噌汁が付く。
 紫輝彩丼は店毎に全くアプローチが異なり面白いね。残りあと4軒。

 5月31日は「紫輝彩丼の日」として制定されました。
何故この日になったかというと..........特に意味はないそうです(提供店舗の某女将談)。
 5月29日から31日まで提供各店で500円で紫輝彩丼を喰べられる嬉しいサービスをしていますので是非どうぞ。
 更に先着10名までとうふスイーツレアチーズロール「天使のつむじ」がデザートとしてサービスされます。

店舗情報
住所:長野県上伊那郡宮田村大田切6212-2
TEL: 0265-85-2962
営業時間:11:00~23:00
定休日:月曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みや川 チャーハン大盛り & てり焼チキン [風景など]

 今日の夕喰はみや川。みや川のメニューを紹介するみや川プロジェクトの一項目。
miyagawachahan01.jpg 
 今日の定喰はてり焼チキンとさんまの開き。てり焼チキンは初めて見るメニューだ。さんまの開きは以前に摂取済みなので悩んでいると女将がみかねて秋刀魚じゃなくて鯵の開きでも良いよといってくれる(鯵の塩焼きが喰べたいと以前ごねたのでコイツは余程の鯵好きと思われているのかも)のだが、鯵の開きも摂取済み。
 好意を無にして炒飯大盛りとてり焼チキンで注文。
 炒飯大盛りは量が多いけど大丈夫?と聞かれる。まさか御飯が3合とか4合じゃないよね?と聞くと常連客らしきオッチャンが何故か笑い出す。
 メニューが御盆の上に揃い取りに行く。
miyagawachahan06.jpg
 今日は勝ち、と思ったら蓮華が後から届けられる。フェイントにしてやられて1勝1敗になってしまった。
miyagawachahan11.jpg
 さて、気を取り直して炒飯大盛り(560円 + 100円、2011年1月現在)と対峙。御飯は2合強使用、二段階に御飯が盛られている。
miyagawachahan13.jpg
 具は葱、卵、鳴門巻、叉焼。頂上部には紅生姜がトッピングされている。味付けは塩、胡椒、醤油。奇を衒わないオーソドックスな炒飯だ。下手に蓮華を差し入れると山体が崩落してくる。また御飯が最後まで熱々で意外と苦戦を強いられた(早喰い過ぎるだけかも?)。味噌汁では無く中華スープが附属する。
miyagawachahan08.jpg
 次いでてり焼チキン。鶏胸肉を使用。主として砂糖醤油による味付けで甘辛。胸肉2枚分位のボリュームで生野菜とマカロニサラダが添えられている。
miyagawachahan19.jpg
 白い御飯にこれをかけても良かったかも。さすがにこれ以上は喰べられませんが......。

 てり焼チキンのようにメニューに出していないものが幾つかあるそうでレギュラーメニューを一通り賞味したら裏メニューも是非制覇したいね。

店舗情報
住所:長野県伊那市中央区中央5242-13
TEL: 0265-72-7451
営業時間: 12:00~14:00, 18:00~21:00
定休日: 火曜日、(月曜日も休みの事多し)

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊那市B級グルメフェスタ 餃子各種 [中華料理]

 伊那市のベルシャインで5月3日に開催された伊那市B級グルメフェスタに伊那餃子会が出店していた。
 ローメン、ソースかつ丼とは別に活動しているが、竜門のように重複して提供している店舗もある。
 今回の出店は咲来軒、花ぜん、華久、竜門、北から来たよ!の5軒。やはりラーメンを扱っている店舗が多い。
inabkyuu011.jpg
 焼き上げられた餃子が次々と台上に並べられ始めた。
inabkyuu056.jpg
inabkyuu059.jpg
 5個200円だったので全店舗捕獲してきた。合計25個!!...............ちょっと買いすぎたかも。
 早速、味わってみましょう。
 伊那餃子会の餃子の特徴の一つは皮にアマランサスを練りこんであることが挙げられる。アマランサスは雑穀の一種でWikipediaによるとインカ文明の時代から喰用にされていたとある。結構由緒正しい作物のようだ。思わず正座したりして。
 アマランサスの効果か餃子の皮は少しモチモチとした喰感になる。
 もう一つの特徴は特製の味噌ダレだ。
inabkyuu111.jpg
 大蒜、葱の微塵切り等が混ぜられている。少し甘味と辛味のあるタレとなっている。
inabkyuu113.jpg
 通常の酢醤油と両方供されたので喰べ比べができていいね。
 先ず花ぜん。
inabkyuu106.jpg 
 野菜が多目の餡だ。香味野菜の風味が利いている。
inabkyuu108.jpg
 次いで咲来軒。
inabkyuu116.jpg
 餡にキャベツが多目で比較的アッサリとした味わい。
inabkyuu118.jpg
 3番手は竜門。ちょっと大振りな餃子だ。
inabkyuu122.jpg
 老舗の中華料理店だけあってバランスの取れた餡だ。
inabkyuu125.jpg
 撮影している自分をよそに豚嫁がヒョイヒョイと餃子を摘んでいく。これはまずいパターンだ。
 4番目は華久。やや小振りな餃子。
inabkyuu130.jpg
 餡は肉が多目で如何にも中華料理風の餡となっている。
inabkyuu133.jpg
 殿(しんがり)は北から来たよ!。
inabkyuu139.jpg
 比較的アッサリとした餡。味噌ラーメンが売りの店なのでラーメンとのバランスもあるのだろう。
inabkyuu142.jpg
 喰べ比べてみると店毎に味がかなり違う。御飯のおかずとして喰べる(自分はこれ)か、お酒のつまみとして単品で喰べるのかでも印象は異なるのだろう。
 半分ずつ切って味噌ダレと酢醤油で喰べてみたが、大半は豚嫁の毒牙にかかってしまいゆっくり味わえなかったのが悔やまれる。
 味噌ダレは美味しいのだが付け過ぎるとどの餃子もタレの味だけになってしまうので少しずつ付けて喰べる方がいいね。


タグ:伊那市
nice!(23)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

華蔵 ローメン(普通盛り) [ローメン]

 今日のローメンは華蔵。伊那市高遠に店舗がある。入船交差点から東進、天竜川を渡って高遠線沿いに進む。高遠の街中を抜けると丁字路にぶつかるので右折し進むと左手に店舗が見える。
IMG_7016.jpg 
 夜遅くまでやっているので便利だ。
 ローメンを注文する。15分ほどで登場。
IMG_7043.jpg
 スープ風のローメンだ。
IMG_7042.jpg
 肉は豚の三枚肉を使用。キャベツと木耳が載る。スープは鶏ガラベースで甘目、割合あっさりしている。麺は服部製麺所のもので歯応えを残した仕上がりでスープと良く調和している。スープのみを啜るのと麺と一緒に啜るのでは味わいの印象が異なるのが不思議なところだ。ソース味ベースで味はしっかり付けられておりローメン初心者でも喰べ易いと思う。
IMG_7029.jpg
 卓上調味料は酢、ソース、辣油、胡椒、七味唐辛子。何故か胡椒のメーカーはバラバラ。酢を少々、七味唐辛子少々でいい感じだった。
 御存知の方もおられようが、ここにはローメンのチャレンジメニューがある。ビックリローメンセットがそれでローメン7人前、御飯2人前、揚げ餃子10個を30分以内に完喰すると無料の上5000円を貰える。50人強の挑戦者のうち成功者は4名だそうでうち1名はフードファイターの泉 拓人氏だ。ローメン自体は美味しかったので一度チャレンジしてみようかな。ただし自分は早喰いだが大喰いでは無い。でも残したら料金を払って持ち帰りができるのでもったいないこともないしね。

店舗情報
住所: 長野県伊那市高遠町小原998-1
TEL: 0265-94-3580
営業時間:11:00~14:00, 17:00~23:00
定休日:月曜日
店のホームページ
http://www.just.st/?in=307189
http://www.inacci.or.jp/contents/meibutu/rohmen/member/kagura/kagura.html
更新されておらず現在の値段とかなり異なるため注意。

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事・喫茶 鳳 紫輝彩丼 [紫輝彩丼]

 紫輝彩丼の3杯目はお食事・喫茶 鳳。前回訪問時はソースかつ丼を摂取したが、紫輝彩丼はできない日もあると伺ったので事前に提供可能かどうか確認してから訪問した。
ootori201.jpg
 紫輝彩丼を注文(950円なり、2011年2月現在)する。午後少し遅目の入店のためか店内は空いており10分程で登場。
ootori203.jpg
 豚かつに紫輝を入れた特製ブラウンソースがかけられている。他の具はしめじと玉葱。ソースかつ丼の時のようにカツは2枚使用されている。トッピングはパセリ。
ootori208.jpg
 コクとやや酸味のあるソースで濃厚な味わい。ドゥミグラスソース風だ。
 御飯は1合程度あり結構ボリュームがある。カツ1枚、御飯少な目のレディース盛りもあるので適宜選択されたい。
 味噌汁と香の物が付く。
 この紫輝彩丼はVersion 3である。初代は鶏肉のソティーがメインの具材。Version 2はチキンカツを使用。近頃このVersionになった。以前までかけられていたマヨネーズソースは廃止となっている。

 ここからは蛇足。少し時計の針を戻す。
 紫輝彩丼を注文(950円なり、2011年2月現在)する。午後少し遅目の時間のためか店内は空いており10分程で登場。
 って、すんなり登場?アレ?アレレ?それじゃ駄目ですやん。
 本来なら桜ん坊さんの ゜+.(・∀・)゜+.゜伊那市近辺の食事処めもー!やyoshioさんのMarketing Design Office..の記事にあるようにティスティング用の小皿が事前に出されるはずなのだが?
 小皿に一口大の御飯にソースがかけられたものが出てきて「このような味ですがよろしいでしょうか?」と聞かれるはずだったのに......。
 重厚に頷きながら渋く”Oui. S'il vous plait.”って答える練習(発声練習含め)もしてきたのにぃぃぃ.....(いい加減にしつこいね)。
 聞いてみるとここの紫輝彩丼が初めての客にはティスティングとして小皿を出しているそうだ。自分は紫輝彩丼は初めて?と聞かれたときに他店で喰べた経験があったので喰べたことありますと答えたのがいけなかったようだ。
 マスターの御好意で小皿を提供していただき再現してみた。
 丼から御飯とソースを一部小皿に移動。ソースかつ丼を喰べるときとは全く意味合いの違う作業だ。
 マスターから「もう少し上にソースかけてみて。そうそう。」などと指導を受けつつ完成。何をしているんだか、つくづく阿呆だ。

 妄想劇場開幕!!!

 10分程で紫輝彩丼が登場。シンプルな丼だ。
ootori211.jpg
 ちょっと驚かれた方もおられよう。
 紫輝彩丼のルールはただ一つ。宮田村特産のワイン「紫輝」を使用することのみ。このため具材や調理法は自由となっている。ここ鳳の紫輝彩丼は極限まで余計なものを削ぎ落とした構成で御飯とソースのみとなっている。量もただ沢山あれば良いというものではない。
ootori212.jpg
 試行錯誤の上、具を切り捨てたことで純粋に紫輝の風味を活かしたこのメニューに辿り着いたものと推察........、え?え?これは味見用?.............
 上の記事に続く。
 
店舗情報
住所: 長野県上伊那郡宮田村6352-1
TEL: 0265-85-4053
営業時間:09:30~20:30、(食事メニューは11:30~20:30)
定休日:火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊那市B級グルメフェスタ ソースかつ丼(ヒレ 普通盛り) [ソースかつ丼]

 伊那市のベルシャインで5月3日に伊那市B級グルメフェスタと銘打たれた催しが開かれた。
inabkyuu001.jpg
 性懲りも無く見学に出かける。
 午前10時30分開幕で「美舞打」による太鼓の演舞が始まった。
inabkyuu019.jpg
inabkyuu025.jpg
 一糸乱れぬ叩きで3演目を見事に演奏。
inabkyuu033.jpg
inabkyuu041.jpg
 屋内でのパフォーマンスのため空気の振動が全身を包む。
 ちょっと息をするのが苦しく感じるくらいの音圧というか空気の圧力が味わえた。無駄に体がデカイせいもあるかも。見知らぬバーチャンが二人ほど自分の後ろに避難しているのが気になるところではあったが......。
 以前紹介した小出太鼓といい、この地域には有志による太鼓のグループが幾つかあるようだ。
inabkyuu006.jpg
 今回の伊那市B級グルメフェスタには3つの団体が参加している。御馴染み伊那ローメンズクラブからローメン、伊那ソースかつどん会からソースかつ丼、更に伊那餃子会から餃子が特別価格での提供となる。
inabkyuu010.jpg 
 先ずはソースかつ丼を捕獲。カジュアルレストランしらかばが出品。店舗には何回か行っているが弁当仕立ては今回初めて見た。通常価格1000円を700円として販売。
inabkyuu085.jpg
inabkyuu089.jpg
 ソースが別になっているのは珍しいタイプだ。持ち帰ってもカツの衣がべチャッとならずいいかも知れない。
inabkyuu091.jpg
 カツはヒレカツで一見ロースのカツと見間違う位の大き目のものが1枚載せられている。
inabkyuu094.jpg
 ソースは少し甘目の和風ソースでカツと御飯にたっぷりとかけることができた。
 香の物は珍しく柴漬け。
 折角の機会なので色々と喰べ比べできるような企画になると良いと思う。
 ハーフサイズのものもあるといいね。
nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

花紋 ソースかつ丼(ヒレ 大盛り) [ソースかつ丼]

 久しぶりの花紋。いつもの如く通り町駐車場(セントラルパーク)に駐車して歩く。ここは1時間無料で御得だ。
IMG_3363.jpg
 今日のソースかつ丼はヒレ(大盛り800 + 100円なり。2010年7月現在)にした。数分で登場。
IMG_4734.jpg
 相変わらず蓋が閉まらない状態だ。
IMG_4738.jpg
IMG_4740.jpg
 ヒレカツがこのときは8枚載っていた。
IMG_4747.jpg
 肉は少し噛み応えあり。ソースはいつもの少し甘めのソースだ。
 ヒレカツ一枚一枚の厚みは激厚では無いが大盛りにしたこともあってかなりのボリューム。
 全体的な喰べ応えは駒ヶ根市のガロに引けをとらない。
 今回の御飯は少し柔らか目で自分としてはもう少し固目が好みだ。
 小鉢のサービスがあり筍の煮物が付いていた。味噌汁と香の物が付属する。
チキンかつ丼、天丼等のメニューもあり、仕出しも受け付けている。今後は鶏肉系のメニューも攻めてみたい。

店舗情報
住所:長野県伊那市伊那坂下仲町3334
TEL: 0265-72-5615
営業時間: AM11:00~PM9:30
定休日: 無し
店のホームページ 
http://saucekatsu.hp.infoseek.co.jp/tenpo/kamon/kamon.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豪勢にベーコンステーキ、木耳ともやし炒め、その他 [自作料理]

 今日の夕喰はちょっと豪勢にいこう。業務用スーパーでベーコンのブロックを捕獲。
 余勢を駆ってニシザワショッパーズも攻めると地物コーナーで生の木耳を発見、こちらも捕獲した。
 何を作ろうか暫し思案。木耳単独の炒め物も美味しいがモヤシと併せて炒めることにしましょう。
baconsteak02.jpg
 乾燥木耳は良く見かけるが生の木耳はちょっと珍しいかも。
baconsteak05.jpg
 触感はブヨブヨしていて海月を思わせる。歯応えも楽しみたいので大き目にカット。
baconsteak13.jpg
 挽肉を炒め、黒胡椒をたっぷり振る。モヤシを投入し1-2分したらラーメンスープ今回は塩ラーメン用、豚骨ラーメン用でも良い)をそのまま投入。モヤシから水分が出るので水は入れない。少し酒と薄口醤油を加えて完成。味が薄ければ塩を足そう。
baconsteak32.jpg
 ベーコンは厚さ1.5cm位にカット。もっと厚く切りたいが根っからのケチ性のためかこれ以上は手が押さえつけられているかのように動かぬ。
 フライパンに油を引かず低温で焼いて表面に焼き色を付ける。ベーコン自体は塩味が強いので黒胡椒を上に振るだけのシンプルな味付にした。
baconsteak29.jpg
 付け合せは茹でたブロッコリーとジャガイモ、人参はなんちゃってグラッセ(茹でて少量の水にバターを溶かして絡める)、サラダ。
baconsteak28.jpg
 調子に乗って莢隠元のガーリックバター醤油炒めも作成。
baconsteak36.jpg
 本日の自作おかず勢揃い、豪華になって嬉しいねぇ。
 勿論、一人分じゃ無いですよ。誤解無きよう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華飯店そんごくう 冷やし中華 [冷やし中華]

 箕輪町の中華飯店そんごくうに訪問した際にメニューに冷やし中華があるのに気付く。
IMG_7004.jpg
IMG_7042.jpg
 夏季限定と書かれていないので冬でも出せるの?と聞くと通年でやっているとの答え。蕎麦を喰べるときは冬でももりで頼むので自分的には全然OK、そうはいっても冬場の訪問で吐く息も白いのだが.........。
 早速、冷やし中華を注文することとした。何しろ今年(2010年)の目標の15杯もまだクリアーできていないしね。(ちょっと旧い記事で恐縮だが2010年は結局13杯でシーズンオフになってしまった。実は2011年の冷やし中華シーズンは既に始まっている。参考にされたし。)
 15分ほどで登場。
IMG_7027.jpg
 つけ麺のスタイルを採った冷やし中華だ。
IMG_7031.jpg
IMG_7037.jpg
 具は胡瓜、鳴門巻、叉焼、錦糸卵、トマト、紅生姜、中華料理店らしく、中華蒸し鳥と海月がトッピングされている。レタスが敷かれているが麺の水切りはしっかりされていた。レモンとパセリ、何故かチェリーのシロップ漬けが添えられている。
 つけダレは少し酸味の利いたタイプで葱の微塵切りが散らされている。麺は縮れのある細麺でタレにつけながら戴く。1.5玉位ある感じで定喰もそうだったが料理のボリュームがある。
 前述の如く容器の底に水が貯まっていないのでつけダレを上からかけてぶっかけにしても良さそうだ。
 他のお客の注文が耳に入ってくるがラーメン類を頼む人も多く、麺類はここの人気メニューみたいだ。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪松島9614松島井桁屋ビル2F
TEL: 0265-79-7601
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日: 不定休

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:箕輪町
nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理