So-net無料ブログ作成

菓匠Shimizu 苺のクリームパイ & シュークリーム [みやげもの]

 伊那市の人気洋菓子店の一つ菓匠Shimizuに出掛ける。
Shimizu05.jpg
Shimizu04.jpg
 伊那北駅の近くに旧店舗があったときは和菓子:洋菓子=7:3位の印象だったが現地へのリニューアル移転に際して比率が逆転、洋菓子を前面に押し出すようになっている。
 ショーケースを覗くとお目当てのものがありました。
Shimizu06.jpg
 早速捕獲する。
Shimizu09.jpg
 早速、開けてみましょう。
Shimizu17.jpg
 苺のクリームパイ(1575円なり、2011年6月現在)。10数年前地域情報誌でこの姿を見たのがShimizu訪問のきっかけになったことを思い出す。
 ドーム状の土台に苺スライスが貼り付けられ上から苺ジャムでコーティングされている。
鮮やかな赤色が目を惹き付ける。
Shimizu24.jpg
 昔は全面を苺スライスが覆っていたような気がするが..........この御時勢に値上げをせずに御値段据え置きにしている姿勢はエライ。
Shimizu20.jpg
 前はもう少し高さがあったような気が.........しかしこの御時勢に値上げをせずに御値段据え置きにしている姿勢はエライ。
 Shimizu31.jpg
 底はパイ生地でカスタードクリームが重層的に重ねられている。
Shimizu33.jpg
 見た目も面白くShiimizu人気No.1となっているのも頷ける。

 シュークリームも捕獲。クリームを詰めますので5分程お時間をいただきますと告げられた。
Shimizu08.jpg
 巴里Parisパイシュー( 250円なり、同)と名付けられている。
Shimizu15.jpg
 シュー生地はサクサクしたタイプ。
Shimizu36.jpg
 内部はカスタードクリーム。
Shimizu38.jpg
 ちょっと甘目の正統派シュークリームだ。

店舗情報
住所: 長野県伊那市上牧区清水町6608
TEL: 0265-72-2915
営業時間:10:00~19:00
定休日: 火曜日
店のホームページ
http://www.kasho-shimizu.com/

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※

タグ:伊那市
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食事処ほの字 とりからカレー(大盛り) [風景など]

 食事処ほの字で久しぶりの昼喰。伊南バイパスふれあいセンター西という交差点を西進するとすぐ右手に店舗が見える。お隣はアメリカンドラッグ。

 ここはローメンとソースかつ丼を以前紹介済み。
 ウチのカレーを是非喰べてみてよ、と何回か言われているので、今回は半ば強制的(?)に基本のメニューは決定された状態。
 トッピングは豚カツ、鳥の唐揚げ、ハンバーグなどが選べる。鳥の唐揚げもそのうち喰べてみようと思っていたのでとりからカレーを大盛りで注文。ソースかつ丼がかなりの御飯の量だったので大盛りの御飯はどの位?と尋ねると500g、と。御飯2合弱位かな?
honoji303.jpg
 10分程で登場。銀色の皿にカレーが盛られている。一見量が少ないように見えたが中央が深く窪んだ容器のため錯覚させられた。良く冷やされた水のグラスにスプーンとフォークが入っている。
 昔のデパートの喰堂などでは良くこの演出がありましたね。
honoji305.jpg
 カレールーは深い褐色からやや黒色でかなり煮込まれているようだ。
 スパイシー且つ辛口であまり子供向けではないというかオッサン(もとへ、ナイスミドル)向け。
honoji306.jpg
 ベースはポークカレーで豚三枚肉が具として確認できた。
 鳥の唐揚げは唐揚粉を使用した衣がモチッとしたタイプ。この時は7個載せられていた。
 御飯は500gというわりには2合は優にありそうな感じで後半ちょっとキツくなってきた。変化を持たせるためには上物があった方が良いが結局ボリュームアップに繋がるので迷うところだ(大人しく普通盛りにすれば良いだけのような気がしてきた)。
 薬味にはラッキョウの酢漬けと福神漬けが添えられる。

店舗情報
住所: 長野県駒ケ根市赤須東6-30
TEL: 0265-82-3955
営業時間:11:30~13:45、17:00~21:45
(お隣のスナックかぐらは19:00~0:00、同じ経営)
定休日: 月曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
タグ:駒ヶ根市
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和風レストラン昭和園 ソースかつ丼 2枚つき(ロース 増量盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼は和風レストラン昭和園。国道153号線沿い、飯島町に程近い市場割入口交差店に店舗がある。駒ヶ根ソースかつ丼会加盟店最南端となる。
showaen01.jpg
showaen04.jpg
 店舗周囲に10台分くらいの駐車場がある。店内はテーブル席と小上がり。
showaen07.jpg
showaen09.jpg
 ソースかつ丼はカツ1枚(950円なり、2011年1月現在)と2枚のどちらかを選択、もちろん2枚(1500円なり、同)で注文する。以前はヒレも扱っていたが現在はロースのみ。15分程で登場。
showaen14.jpg
showaen19.jpg
 カツが2枚載せられている。蓋は無く、カツ移設用の小皿を手渡される。
showaen21.jpg
 肉はロースで適度に脂を含み、柔らかい。
showaen24.jpg
 ソースは甘目の和風よりでコクがある。ヒレにも合いそうな感じだが、大将曰くヒレは殆ど注文が無いから止めちゃったんだよね、との由。
 御飯は増量しといたよー、だそうで1合強。なかなかのボリューム。小鉢が2個、茸の煮付けと和風麻婆豆腐。味噌汁と香の物が付く。
 味噌かつ丼も創業以来の名物で次回はこれを紹介したい。

 店内には漫画の単行本が豊富。久し振りにうしおととらの最終巻を読んだら、泣けるねぇー。最近どうも涙腺が緩い。これは花粉症のせいだけでは無い。昔は母親が如何にもお涙頂戴の時代劇を見て泣いているのを馬鹿にしていたが、まさか自分もこうなろうとは.......
 目がうるうるしているナイスミドルを見て、かつ丼を運んで来た大将が一瞬うろたえていた。

店舗情報
住所: 長野県駒ヶ根市赤穂9308-1
TEL: 0265-83-5302
営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00
定休日:火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(23)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天恵製菓株式会社 ホットケーキアソート [バカお菓子]

 某店でホットケーキアソートなる御菓子を発見し捕獲してきた。天恵製菓株式会社http://www.tenkeiseika.co.jp/製。市田柿ムースやふんわかチョコタンの製造元で国道沿いの看板を見たことのある方も多かろう。
tenkeihotcake17.jpg
 早速、空けて見ましょう。
 ミニサイズのお菓子だ。
 フレーバーはメイプルクリーム、カスタードクリーム、チョコレートクリームの3種類。
tenkeihotcake01.jpg
 割面を披露。フィリングもそれなりの量がある。
tenkeihotcake06.jpg
 フィリングは粘度を高めてある。結構甘い味付。
 ホットケーキには蜂蜜やバター、シロップはメイプルに限る、いやいや餡子でしょ、ホイップした生クリームをだねぇ....などと一家言御持ちの方も多かろう。
 また、ホットケーキには家庭的なイメージがある。成人男性はあまり喰べる機会が少ないかも知れないが、お子さんをお持ちの方や女性は結構摂取しているのではないかと思う。
 喫茶店のメニューにも良くあるし、ホットケーキ風のパンもコンビニエンスストア等で良く見かける。
 新妻がアナター[黒ハート]今日の朝御飯はホットケーキにしてみたのー、バターも載せていい?
 或いは、お母さんがおやつにホットケーキ焼いたわよー、早く手を洗ってきなさーい。ハーイと子供達が元気良く返事をしてパタパタと走る音が聞こえてくる。
 ホットケーキにはこんな情景が如何にも似合いそうだ。
 自分も幼少のみぎりには友人宅で一緒に焼いて喰べたのを朧気に覚えている。子供の頃を思い出しつつ摂取。
 ふと裏の商品説明を見ると............

tenkeihotcake18.JPG

 ......................
 あんたの正体、「どら焼き」、ですやん。
 ホットケーキに擬態していただけですやん。
 最初みやげものに分類しようかと思っていたが残念ながらバカお菓子のコーナーに分類させていただきます。
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食事処みさやま カツ丼(ヒレ 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼は食事処みさやま。国道153号線沿いに店舗があり、店舗前に広い駐車場がある。
misayama302.jpg
misayama309.jpg
 幟にもなっているがロースはジャンボかつ丼の名前で提供されており、2010年後半からはメガジャンボかつ丼なる肉が300g以上のものも登場している。
misayama306.jpg
 少し昼喰の時間帯をはずしての訪問としたため店内は空いていた。今日はヒレかつ丼を注文(1260円なり、2011年2月現在)する。10分程で登場。
misayama310.jpg
misayama321.jpg
 カツはヒレで4枚載せられている。
misayama323.jpg
 厚みはそこそこだが、柔らかくジューシー。
misayama326.jpg
 みさやまのソースには独特の香気と甘味があるが、自分としてはロースよりもヒレに良く合う気がする。御飯は1合弱程度でカツとのバランスも丁度良い。
 味噌汁と香の物が附属する。ソースの入った小瓶が付いてくるが今回はなくとも十分だった。
 
店舗情報
住所: 長野県伊那市西春近6242-1
TEL: 0265-74-8374 ‎
営業時間: 11:00~14:00, 17:00~21:00
定休日:火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州長屋酒場 ソースかつ丼(ロース 普通盛り) [ソースかつ丼]

 長野市の信州長屋酒場では長野県の郷土料理を数多く提供している。当駄ブログで扱っているローメン、ソースかつ丼、山賊焼はもちろんのこと、すんき、蕎麦、おやきといった名物が一通り揃う。
IMG_7040.jpg
IMG_6265.jpg
 入り口は蔵戸を利用しており狭い。体を屈めてくぐる。KONISHIKI氏が階段を通れずライブが中止と書かれている画像を以前見たことがあるがここも絶対に通れないと思う。
IMG_6261.jpg
 前回は非フラッシュ撮影を供覧。こんな色だったとは。
IMG_6264.jpg
 入ってすぐの受付は古い旅館のイメージ。
 店内はカウンター、小上がり、2階に宴会用の座敷がある。店内は行灯の灯りが主体。入り口もそうだったが使用されている和紙は古い手紙などを再利用している。昔はものを大事に使っていたのが垣間見える。
IMG_7051.jpg
 席に御盆が既に用意されている。
IMG_7048.jpg
 今度はソースかつ丼を注文(880円なり)する。10分程で登場。
IMG_7079.jpg
IMG_7082.jpg
 カツはロース肉。適度に脂身がある。肉質は少し締まっている。
IMG_7085.jpg
 ソースは駒ヶ根市の老舗、卓袱屋きらくと提携したものを使用しているようだがこちらの方が少し濃く感じた。やや甘い和風のソース。
IMG_7090.jpg
 御飯は一合程度でキャベツの代わりにレタスを使用。紅生姜がトッピングされている。香の物が付く。
IMG_7094.jpg 
 味噌汁が付かないがこの店にはレジが無く会計は席で行う。このときにサービスで味噌汁が出るシステムになっていた。

 さすがに長野市まで来ると上伊那のソースかつ丼とはちょっと様相が異なってくる。駒ヶ根ソースかつ丼会には厳しい掟があり、その一つに丼にはカツとキャベツ、御飯のみで他にトッピングを載せないというものがある。この掟を破った店主はいつの間にか姿を消し、半年後位に天竜川河川敷で身元不明の........とはならないが駒ヶ根市の店はほぼルールを遵守している。
 そういえば駒ヶ根市のソースかつ丼は出さないの?と聞かれるが伊那市のソースかつ丼店が予想以上に多くまだ抜け出せないでいるのが現状だ。一軒喰べに行くと近くにまた店を発見しということが続き一時期はリストがゲームオーバー寸前のテトリスのようになっていたが近々終了の目途が付くようになった。元々駒ヶ根市にも住んでいたのでどちらかというと駒ヶ根市の方が馴染みがある。少しずつ駒ヶ根のソースかつ丼も紹介を始めているので興味のある方は参考にされたし。

店舗情報
住所: 長野県長野市南石堂町1418-12千石長谷川ビル
TEL: 026-269-8866
営業時間:17:00~01:00
定休日: 無し
店のホームページ
http://www.dreamlink.co.jp/nagaya-shinsyu/index.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
タグ:長野市
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊那市B級グルメフェスタappendix ローメンPANだ [ローメン]

 伊那市B級グルメフェスタでローメンパンが数量限定で販売された。
inabkyuu017.jpg
 午後12時からの販売だそうでまだ時間がある。その間は適宜買い物などして過ごす。
inabkyuu050.jpg
 辰野高校商業科の生徒による販売商品で40個限定。名称は「ローメンPANだ」とのことでパンダに因んでいるのかと思ったが違った。
 午後12時になり商品が並べられ始める。
inabkyuu155.jpg
inabkyuu156.jpg
 早速、1個捕獲する。250円なり。15分程で完売。
inabkyuu146.jpg
 ヤキソバパンのような形態を採用している。
inabkyuu149.jpg
 以前に当駄ブログでも幾星霜にもわたる苦難を乗り越えて開発した血と涙の結晶のようなローメンパンを公開したが、基本的な形状は良く似ている。
 無意味に高校生に対抗心を燃やすオッサン(もとへ、ナイスミドル)。
inabkyuu153.jpg
 ローメンは自家製?と引率の先生に尋ねると、パンもローメンも業者が調理しており高校生は基本的にアイディアの提供をしたようだ。
 ラベルには今どきの高校生らしさが漂う。
 パンは甘味のあるものを採用したとのアピール。これで初めてローメンを知って、今度はローメンを喰べてみたいという人もいるんですよー、と。

 ホットドッグみたいにマスタードやケチャップならぬ酢を容器でかけられる様にすると更にローメンテイストが高まるのでは思う。
 今、思いついたが酢を粘度の低いジュレ(ゼリー)にしてかけると面白いね。そのうちやってみよう。

 地元の新聞記事によるとローメンパンと山賊焼とのコラボも近々実現しそうでまだまだ発展性がありそうだ。

 おまけ。ローメンズクラブのイメージキャラクターのウマカローと伊那市のイーナちゃん。
inabkyuu036.jpg
 イーナちゃんは伊那の妖精だそうだ。市営バスの外装や伊那関係のカードなどにもキャラクターが使われている。
 今どきの女子高生はこういうの喜ばないんだね。キャーキャー言いながら写真でも撮るのかと思ったが無反応。
 小学生は嬉しそうに一緒に写真を撮っている。写真を撮りたがるいい年こいたオッサン(もとへナイスミドル)の精神レベルは.........。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ごはんどころ ぶらり亭 ソースかつ丼(ヒレ 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼はごはんどころ ぶらり亭。伊那市勤労者福祉センターの道路を挟んだ向かいに店舗がある。店舗横に数台分の駐車場がある。
IMG_7001.jpg
 以前はあっさり塩かつ丼(ヒレ)を喰したので今回はソース(ヒレ)で注文(920円なり、2010年10月現在)する。10分程で登場。
IMG_7007.jpg
 少し大ぶりのヒレカツが3枚、載せられている。
IMG_7009.jpg
 カツはヒレ肉で少し厚目。柔らかくジューシー。衣は少し厚目のカリカリしたタイプだ。
IMG_7013.jpg
 ソースは甘目だがコクのあるタイプでヒレにもロースにも合う。
 御飯は1合弱で量は丁度良い。全ての御飯ものに五穀米を使用しているのが特徴だ。
 香の物と味噌汁が付く。
IMG_7027.jpg
 食後の珈琲サービス。
 閉店時間近くの来訪だと喰材が終わってしまっていることがあるので昼喰時か夕方早目の訪問が御勧め。

住所: 長野県伊那市西町5913-2
TEL: 0265-76-9665
営業時間:11:30~14:30、17:00~21:00
(ここのところ20:00閉店としているので注意)
定休日:火曜日、第2月曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桂山 仕出し弁当(2011年版) [仕出し弁当]

 今日のお弁当は桂山。2011年初めての桂山の弁当。未だに実店舗には行けていない。オーナーと御友達の方を発見したので、そのうち伝手を辿って乗り込んでみたい。越後屋と奉行ゴッコを是非やらねば(これが連れて行って貰えない原因、御暇だったら前回の記事も見てやってください)。
keizan301.jpg
 さて、御弁当の外観はこんな感じ。包装が何故かカラーコピーになっている。印刷してあった在庫が切れたのか?まぁ中身には関係ないけど。
 開けてみましょう。パカッ。いやーん。
keizan304.jpg
 刺身の上ににはきちんと保冷パックが載せられている。
keizan307.jpg
 炊いたん(炊き合わせ)。飛竜頭(雁擬)、海老、鱈子、春らしく菜の花、筍、桜の花を象った生麩。京風の上品な味付けでいつも美味しいねぇ。
keizan309.jpg
 御造り。甘海老、鮪赤身、真鯛。醤油はきちんと紫(煮切り醤油)を使用。山葵は本山葵、勿体無いので全部喰べるが刺激で鼻水を噴きそうになった。
keizan312.jpg
 天麩羅。鯛、紫蘇(大葉)、薩摩芋、茄子。添付の焼き塩でいただく。
keizan313.jpg
keizan332.jpg
 出汁巻き玉子。京風の味付けで砂糖は控え目。鰤の照り焼き。はじかみ(茎生姜)添え、干し杏。
keizan315.jpg
 鳥の唐揚げとサラダ。
keizan317.jpg
 御飯は瓢箪型に成型。香の物は野沢菜と梅干。
keizan321.jpg
 やっぱり店舗に行ってみたいね。腰元役は何とか探します。

店舗情報
住所:長野県伊那市坂下3201-1
TEL: 0265-98-9313‎
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜23:30
定休日:月曜日
店のホームページ
http://www.just.st/?in=310606

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホテルオークラ 宴会料理(後編) [宴会料理]

 2009年ホテルオークラでの立喰パーティーの続き。
 会場内をウロウロしているとパエリアがあった。
hotelohkura12.jpg
 有頭海老、ムール貝、黒オリーブ等が使用されている。
 ブイヤベース風の野菜スープ(?)発見。
hotelohkura20.jpg
 スープはサフランで色付けされたっぷり魚介も入っているのだが野菜も結構入れられている。左下のガーリックマヨネーズを少し落としていただく。
hotelohkura30.jpg
 会場内には梶木鮪を模した氷像が飾られている。
hotelohkura24.jpg
 この一角では帆立貝柱や梶木鮪のグリルを提供していた。
hotelohkura25.jpg
hotelohkura07.jpg
hotelohkura06.jpg
 ハムは塊から切り出して提供される。
hotelohkura26.jpg
 ラム肉料理もちゃんと出されている。
hotelohkura32.jpg
 格式の高いホテルほど羊肉料理を取り入れていることが多い。丁寧に調理された羊肉の美味しさは格別だ。
 機会があれば是非味わってみて欲しい。独特の匂いだけで敬遠するのは大層勿体無いことだ。
 さて、そろそろデザートコーナーをみてみましょう。
hotelohkura02.jpg
hotelohkura03.jpg
 おぉー、豪華だ。ガトーショコラ、クリームブリュレ、ミルフィーユ、タルト、抹茶のモンブランなどが並ぶ。
hotelohkura04.jpg
 アイスクリームには特製のミックスベリーソースがかけられる。
hotelohkura05.jpg
 さあ、珈琲をいただいて帰りましょう。
タグ:東京都
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理