So-net無料ブログ作成

こまゆき荘 ソースかつ丼(ロース 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼はこまゆき荘。こまゆき荘は宮田村にある温泉に入れる保養施設だ。広域農道の総合公園東交差点を西進、高速道路をくぐりひたすら上っていくと左手に施設が見える。
komayukisou02.jpg
 施設前に広い駐車場がある。
komayukisou05.jpg
komayukisou08.jpg
 玄関を入ると目の前に畳敷きの食堂がある。
 靴を脱いで入館する。家を出る前に靴下に穴が開いていないか入念にチェックしておこう。
 喰事のみであれば入館料は発生しない。
komayukisou10.jpg
komayukisou43.jpg
 券売機で手作りソースかつ丼のチケットを(800円なり、2011年2月現在)購入してカウンターに出す。10分程で登場。
komayukisou26.jpg
 蓋付きで少し蓋が浮いている。
komayukisou29.jpg
 カツはロース肉で衣はサクサクしている。厚みは普通だが結構大きい。二段重ねで盛り付けられている。
komayukisou33.jpg
 ソースはキャベツの上とカツの上の両方にかけてある。
komayukisou36.jpg
 ソースの味を活かしたタイプで別容器でソースが附属していたたのでたっぷりかけて楽しむ。
 御飯は1合程度あるので女性は御飯少なめでオーダーした方が良いだろう。
 小鉢(この日は茸のピリ辛炒め)、香の物、味噌汁が附属する。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡宮田村4751
TEL: 0265-81-7272
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無し
(祝日と重なった場合は翌日に振り替え)
店のホームページ
http://www.vill.miyada.nagano.jp/page.php?i=000000001922&tp=00000073

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
nice!(17)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

とんかつ きらく 上ソースかつ丼(ロース 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼はとんかつ きらく。広域農道沿いに店舗がある。
IMG_7092.jpg
IMG_7133.jpg
 駒ヶ根インターを降りて左折し市街方面へ。広域農道を右折し南進するとじきに右手に店舗が見える。店舗横に10数台分の駐車場がある。
 以前は駒ヶ根市駅近くに店舗(当時は卓袱屋きらく)があり、数年前に広域農道沿いに移転した。このため外観は新しいが、実際は駒ヶ根市のソースかつ丼の最老舗の一つだ。昭和3年創業で駒ヶ根市では一番早くからソースかつ丼を提供し始めたとされている(注1)。
 店内はテーブル席と小座敷。奥に数席のカウンターがある。
IMG_7135.jpg
 開店して直ぐの入店で空いていたため最初はテーブル席に陣取った。その後少しずつ客が増えてきたので自主的にカウンターに移動。
IMG_7137.jpg
 目の前の飾りスペースに豚さんが居たので結果オーライ。良く探すと他にも豚の小物がある。
 上ソースかつ丼(ロース)を注文(1150円なり、2010年12月現在)する。上ソースかつ丼と普通のソースかつ丼(950円なり、2010年12月現在)との違いは肉のサイズで上は260g、普通は160gとなっている。御飯の大盛り(+100円、2010年12月現在)も可能。混んでいると30~40分位待つこともあるが今日は15分くらいで登場。
IMG_7141.jpg
 上にしただけあって丼の蓋が浮いている。
IMG_7143.jpg
 肉はロース肉で適度に脂を含んでおり柔らかい。カツは厚目で大ぶりにカットされている。
IMG_7146.jpg
 ソースはやや甘い和風のソースで比較的アッサリしている。御飯は1合弱程度で健啖家の方なら大盛りにしても良いだろう。
IMG_7149.jpg
 味噌汁と香の物が付く。
 ソースかつ丼のみならずカツカレーやカツ定食、ラーメン類もメニューに加えられている。次回はヒレのソースかつ丼を紹介しようと思う。

注1)自分が15年程前に駒ヶ根市に在住していた時には新聞記事などで駒ヶ根駅前にあった精洋軒(現在は閉店)が最も古いとする説があった。

店舗情報
住所: 長野県駒ヶ根市赤穂3145
TEL: 0265-83-3555
営業時間:11:00~15:00、18:00~21:00
定休日: 月曜日
(月曜が祝祭日の場合は営業、翌日休業)
店のホームページ
http://katudon.jp/

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カジュアルレストランしらかば スペ・スペ丼(ロース 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼はカジュアルレストランしらかば。JR飯田線伊那市駅すぐ北の通りを東進、天竜川を越えて進むとじきに右手に店舗が見える。店舗横に広目の駐車場がある。
IMG_7020.jpg
IMG_7019.jpg
 店内はテーブル席と畳の小上がり。
IMG_7006.jpg
 ここの特徴はサイズ違い、ロース、ヒレ、ブランド豚の種類違いなど12種類あるソースかつ丼だ。今回はスペ・スペ丼で注文する。15分ほどで登場。
IMG_7009.jpg
IMG_7013.jpg
 分厚いロース肉でカタログ上は300gとなっている。肉は三元豚(ランドレース種・ヨークシャー種・デュロック種からなる三種交配種)を使用しているそうだ。
IMG_7017.jpg
 ソースはやや甘目で和風より。御飯は1合弱くらいで大盛りにしなかったが肉とのバランスは特別問題なし。
 さすがに全12種類のソースかつ丼制覇をする気は無いが、ヒレやイベリコ豚等の違うメニューを今後試してみようと思う。
 これで伊那ソースかつ丼会加盟店の全てを紹介し終えた。紹介済みの店舗でも喰べ残しているメニューがまだあるのでソースかつ丼巡り自体はもう少し続きます。

店舗情報
住所: 長野県伊那市中央4515-3
TEL: 0265-72-4706
営業時間:11:30~14:00, 17:00~21:00
定休日:火曜日
店のホームページ
http://www.geocities.jp/kitahanay/katudonn.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Comachi Cafe屋 Comachi特製ソースかつ丼(ロース ミニ) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼はComachi Cafe屋。
IMG_7034.jpg
IMG_7041.jpg
 前回は通常のソースかつ丼を注文した。Comachi特製ソースかつ丼というのがメニューにありこちらも試してみることとした。
  Comachi特製ソースかつ丼を注文(419円、2010年12月現在)する。諸事情によりミニサイズで注文。通常のソースかつ丼もミニサイズがある。フルサイズは944円(2010年12月現在)となる。10分程で登場。
IMG_7029.jpg
 小ぶりの丼(茶碗サイズ)にカツが載せられている
IMG_7031.jpg
 カツはロース肉で適度に脂が含まれている。
 ソースは通常のソースかつ丼と同じものを使用。ベースは和風でさっぱりしている。特製の所以は芥子マヨネーズがかけられているところだ。また、万能葱がトッピングされている。
  御飯は半合程度だが、芥子マヨネーズが加わったことでかなり濃厚な味付けへと変化しており、かなり喰べ応えがある。小喰の方ならこれだけで満腹になってしまうかも。
IMG_7013.jpg
 どこに行ってもソースかつ丼ばかり摂取しているが、Comachi Cafe屋にはパスタ、オムライス、ハンバーグ等の洋食メニューも揃う。ガレットも人気メニューの一つだ。ケーキ類やドリンク類も豊富に取り揃えられており女性客も利用しやすい店舗だ。


店舗情報
住所: 駒ヶ根市赤須町18-5
TEL: 0265-83-2188
営業時間:11:00~23:008(14:00~17:00は喫茶タイム)
定休日:火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

割烹青葉 ソースかつ丼(ロース 普通盛り) [ソースかつ丼]

 今日のソースかつ丼は割烹青葉。宮田村の老舗料理屋の一つで国道153号線沿い、駒ヶ根市と宮田村の境に当たる大田切川の近くに店舗がある。周囲に10数台分の駐車場がある。
IMG_7107.jpg
IMG_7111.jpg
 御城のような外観で目立つのですぐ判るだろう。元々は海産物、鍋物を得意としていたが、ソースかつ丼の看板がいつしか掲げられるようになった。
 店内は座敷と小上がり風のテーブル席、座卓、カウンター席もある。結構高そうな調度品が飾られている。
IMG_7068.jpg
IMG_7076.jpg
 2階は座敷で昔駒ヶ根に赴任したときの自分の歓迎会がここだった。
 ソースかつ丼を注文(997円なり。2011年1月現在)する。15分ほどで登場。
IMG_7086.jpg
 何故か汁物の椀が妙に大きい。決してかつ丼が小さいわけではない。箸袋と比較されたし。
IMG_7089.jpg
 カツはロース肉。柔らかく結構大きい。
IMG_7093.jpg

 ソースは甘味抑え目で結構濃厚だ。御飯も1合弱あり、結構なボリューム。
 小鉢は練り物、大根、しめじの煮物。香の物、味噌汁が附属する。味噌汁は割烹だけあって出汁をしっかり取ってあり本格的だ。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡宮田村大田切4745-1
TEL: 0265-85-2344
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日: 水曜日
貸切の場合が結構あるので事前に電話で確認することをお勧めする。

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

雑感 [風景など]

 2011年3月11日からちょうど1年たちました。
 震災後の2-3ヶ月は長く感じましたが最近は時の流れが元に戻ったのかあっという間に今日になりました。
 長野県は北部の栄村に別口の地震があり、結構な被害がありましたが、自分の暮らす南部には直接的な被害は殆どありませんでした。
 間接的な余波としては震災後1ヶ月ほどスーパーマーケットで納豆やペットボトルの水、カップラーメンなどの棚が品薄になっていたことが印象的です。
 今でもこれらの棚を見て商品が積まれていると一抹の安心を感じたりします。
 長野県南信で被災者の受け入れを行っていた縁か、江戸時代に遡る保科正之公の移封により親戚が当地に多いのかは判りませんが、近隣のマンションには東北ナンバーの車が何台も常駐するようになりました。
 自分の職場にも被災地から一家で引越しをしてきたメンバーが加わっています。
 2012年3月現在も節電を掲げ照明を落として営業する店舗も多く、震災の記憶が定着しつつありますが日々記憶が薄れていくことも否めません。
 徐々に被災地の復興が始まっているとは云え、瓦礫の受け入れ問題、放射能除染、雇用対策などまだまだ問題が山積されておりまだまだ終わりが見えていません。
 本日はテレビ各局で震災関連の特集が組まれていますが、単なる事象の羅列や政府の対応批判だけに留まらず未来に繋がる内容を期待したいところです。
 末尾になりましたが被害に遭われた方々のみならず、被害に心を痛めた方全てに安心の日が一日でも早く訪れることを祈念したいと思います。
 
 
 
 
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ローメンこぼれ話(PG-18相当) [風景など]

 ローメン、当駄ブログでこの捉え所の無い喰べ物を紹介してきたが、未だその全貌は掴めていない。
 御覧になっていただいている方々もローメンを他人に説明するときに途方に暮れてしまうのではないかと案じられる。
 数年前のある調査で上伊那一円でローメンを提供する店舗は100軒近くと見積もられていた。
 この調査結果が正しければ当駄ブログで6割程度(アップしていないレポートを含めて)はカバーできているようだが、まだまだ未知のローメンが眠っているようだ。
 ここ数年の不況の折、新店舗の開店、老舗の閉店といった店舗の入れ替わりが激しくなっているため現時点でのローメンの実態を把握することは非情に困難と言わざるを得ない。
 今までは伊那市公認のローメンズクラブの店舗を中心に紹介してきた。パンフレット、ホームページが整備されているのでローメンズクラブ加盟店に関しての調査は容易だ。
 ローメンズクラブに属していなくても店外にローメンの看板や幟がある店舗も多いのでこれらも調査し易いが、問題はその他の店である。
 中華料理屋、食堂、レストランなどにもローメンがあるのはまあ理解できる。
 酒のつまみにする人も多いので居酒屋、バーにもローメンが潜んでいる。
 また、寿司屋や喫茶店にもローメンがあり油断ができない。
 更に悩まされるのがローメンをメニューに載せておらず常連客のみに提供、或いは頼むと作ってくれる店の存在で、これらは口コミに頼らざるを得ない。
 自分は酒を飲まない訳では無いのだが呑みに行く機会に乏しく、バー等のローメンが手薄になっているのが気になっていた。
 某日午後仕事もロクにせずK氏とローメン談義。K氏は仙石の情報を提供してくれた御仁で主として松本方面の斥候を担っていただいている。昆虫食にも造詣が深く、昆虫の生食もOKなクールガイである。
 ここのところローメンに興味を持ったようで何軒か喰べに行っているようだ。
 そこにたまたま今年の新人クンが現れたので、チョッカイを出して見た。「ローメンって喰べたことある?」新人クンは京都の出身なので未体験かと思っていたら「ありますよー。」「何処で喰べはったん?」とインチキくさい京都弁で聞くと「山の神ですー。」「そら、よろしおましたな。せやけどアレはほとんど焼きソバに近いどすえー、ほんまもんのローメンとはよう言わはりまへん。」「えーと、あと伊那北駅の近くのCというバーでも喰べましたー」「バー?」
 ここで突然場の雰囲気が豹変。和やかな新人との談笑の場が非情の尋問の場へと変貌する。Kさんが荒々しく新人クンを椅子に突き飛ばして座らせる。右手で新人クンの胸ぐらを掴み、左手で卓上のスタンドライトを引き寄せ最大光量で顔に向ける。「何するんですかー。眩しいですよー。止めて下さいー。」「詳しく教えろ、若いネーチャンは何人くらい居るんだ!!、雰囲気はどうだったんだ?」
 Kさん、それ違う。ローメンのこと聞いてよ。
「他のセクションの人たちに連れられて行ったので良く判りませんー。2次会か3次会で行ったので夜遅くてローメンは出前で外から運ばれて来てましたー」
 この証言で心当たりがあった。
 ローメンを扱う店舗では出前はしていなくても持ち帰りのできるところが多い。
 バー「C」のすぐ向かいに深夜まで営業しているローメンの有名店があるのでそこに取りに行ったのだろう。
 後日店で女将にこの話をすると「深夜にローメン出してるのこの辺ではウチだけだからねぇ、ローメンだけじゃなくて餃子や他のものもテイクアウトしてるのよ。」
 やはりそうだった。新たなローメンの発掘かと思ったが残念。
(少しフィクションが混ざっています。もちろん、新人クンからは普通に聞き出してますのでご安心を。)
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Mr.Perky チキントマトソースのオムライス & ハンバーグ定食 [ソースかつ丼]

 宮田村のMr.Perky。駒ヶ根方面から国道153号線を北上していくと左手に店舗が見える。店舗の子の方角に広い駐車場がある。
MrPerky36.jpg
 店内は小上がりとテーブル席で構成されており明るく広い。
 オムライスとハンバーグ定喰を注文してみた。オムライスはチキントマトソース、エビのホワイトソース、ポークカレーソース(以上何れも850円、2011年4月現在)、ごろごろお肉のビーフシチュー、ハンバーグのせチーズデミソース(以上何れも1200円、同)の5種から選択できる。オーソドックスなチキントマトソースのオムライスを選択、サラダスープセット(150円なり、同)を追加した。
MrPerky14.jpg
 オムライスはサフランライスの上にオムレツが載せられているタイプ。オムレツの部分はトロトロしていてなかなか良いできだ。
MrPerky31.jpg
 周囲のトマトソースにはトマトのフレッシュな酸味が残っている。チキンソテーとトマトが具に使われている。
 御飯は1合弱程度使用されており十分な量だ。
 サラダスープセットだが、スープはカップに入った味噌汁、もとへ味噌スープだった。

 ハンバーグ定喰(1000円なり、同)も注文してみた。
 ハンバーグはカットされた状態で提供される。パティは少し締まったタイプ。
MrPerky11.jpg
 ドゥミグラスソースがたっぷりかけられている。ソースは自家製のようで酸味と適度な甘味を感じる。
 味噌スープ、サラダ、香の物が附属する。
 

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡宮田村103-7
TEL: 0265-98-7008
営業時間:11:00~21:30
定休日: 火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:宮田村
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みや川 たまごかつ丼(ロース 大盛り) [ソースかつ丼]

 今日のかつ丼はみや川。みや川プロジェクトはそろそろ大詰めの段階に移行しつつある。レギュラーメニューがあと数品、裏メニュー数品まで迫ることができた。
 本日の定喰はスコッチエッグ & かれいのうま煮だった。両方とも以前紹介済みなのでしばし思案。
miyagawatamago01.jpg
 今日はたまごかつ丼、いわゆる煮かつのかつ丼を注文(920円なり、2011年3月現在)、更に大盛り(+100円、同)でオーダー。10分程で登場。御飯を丼に盛る気配がしたので厨房を覗くと女将がいつもの丼に御飯を山盛りにしていた。大将がそれを見て器の変更指示を出して麺類用の丼に御飯が盛り直されていた。一部始終を見ていたので今日は完勝(カツだけに)。
miyagawatamago02.jpg
 丼変更の余波のためか蓋は無い。普通のかつ丼の紹介はもしかしたら初めてかも。豚嫁は煮かつの方が好きで持ち帰り弁当などでは煮カツ一択。自分はどちらも好き。
miyagawatamago04.jpg
 カツはロース肉で厚い。ソースかつ丼などと同じカツの厚さだ。
miyagawatamago05.jpg
 味付はかなり甘目。ソースかつ丼の場合カツは薄目でも、厚目でもあまり気にならなかったが、煮かつはカツが厚いとかなり喰べた感じが違う。ちょっと意外な発見だった。
miyagawatamago03.jpg
 煮カツだと煮汁の量のためかソースよりは味が薄くなりがちだ。そのため味がカツの衣には浸みても肉の中までは浸透しにくいのかも。御飯とカツの間にはたっぷりの葱。
miyagawatamago06.jpg
 御飯は2合弱あり、かなりのボリューム。ちょっと七味唐辛子をかけていただく。
 味噌汁と香の物が付く。
 
店舗情報
住所:長野県伊那市中央区中央5242-13
TEL: 0265-72-7451
営業時間: 12:00~14:00, 18:00~21:00
定休日: 火曜日、(月曜日も休みの事多し)

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パスティチェリア プラーチド かなえロールチョコハーフ [みやげもの]

 飯田市のパスティチェリア プラーチドの実店舗訪問で主たる目的のSTB48の他にも獲物を捕獲してきた。
purated1005.jpg
 店頭のショーケースに並んでいるタルトもイケテそうな感じ。そのうち機会があれば捕獲してみたいね。
purated1013.jpg
 当初はエスプレッソコーヒーロールケーキを狙っていたが現在実店舗では販売しておらず通信販売対応のみ(予約で店頭引取りは可能)ということで純チョコ風越ハーフロールケーキに変更(1個680円なり、2011年3月現在)。1日5個限定だったが電話で予約したら作っておきますよといっていただき無事入手できた。
 さて、御対面。
purated83.jpg
 おやー?名前がかなえロールチョコになっている。
 取り敢えず開けてみましょう。パカッ。いやーん。
purated87.jpg
 名称の変更があっただけのようだ。
purated93.jpg
 生地にはココアが練り込まれている。ふかふかした喰感は姉妹品の純生風越ロールと同様。チョコロールゆえに卵の風味はあまりしない。
purated97.jpg
 クリームは少しビターなチョコクリームで混ぜられたチョコチップがアクセントになっている。やはり3個に切り分けるのが良いようだ。

 会計時にカウンターの上を見るとこれも欲しくなった。
purated1014.jpg
purated99.jpg
purated101.jpg
 左がサクサクカスタードパイ(1個126円なり、2011年3月現在)、右がクッキーシュークリーム(1個136円なり、同)。
purated104.jpg 
 サクサクカスタードパイとクッキーシュークリームは中のフィリングは同一。
purated106.jpg
purated109.jpg
 シュークリームの方は注文を受けてからクリームを中に注入する。
purated112.jpg
purated116.jpg
 とろっとろのカスタードクリームが詰められている。パイとクッキーの喰感の違いを楽しむ。

店舗情報
住所: 長野県飯田市名古熊2515-4
TEL: 0265-49-6211
営業時間:10:00~19:00(売り切れ仕舞い)
定休日: 12/31, 1/1
店のホームページ
http://www.placido.co.jp/

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:飯田市
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理