So-net無料ブログ作成

チョコレート展を見に行こう(後編) [風景など]

 上野公園内国立科学博物館で開催されているチョコレート展。
 題材から予想される如く女性客が多い。他にはアベックがちらほら。
 オッサン(もとへ、ナイスミドル)のような男性一人客は浮いてしまうかと思ったがそうでもなかった。
 意外と男性の一人客が居る。
 幾つかのエリアを過ぎ、実際のチョコレート製造過程に付いて学ぶコーナーへ至った。
choco132.jpg
 「チョコレート工場へようこそ!」、ここは体験コーナーを兼ねており、実際に材料になった気分を味わえるように趣向が凝らされている。
choco133.jpg
 カカオ豆と異物を分けた後に、カカオ豆を粉砕する。
 必要なのは実の部分(カカオニブ)、外皮は使用しないため選り分ける必要がある。
 このため風を当てて外皮を飛ばす。これを風選(ウィノーイング)と言う。
choco139.jpg 
 装置に入ると風が吹いてくる。扇風機で言うと中位の風で平成生まれの感性で表現するとOh!モーレツにはならないのでスカートでも大丈夫だ。
choco142.jpg
 お次は焙灼(ロースティング)。
 装置の中は当然暖かい。あ~~極楽、極楽。
choco143.jpg
 お次は磨砕(グラインディング)体験。スポンジ製のローラーの間を摩り抜ける。
 オッサン(もとへ、ナイスミドル)は途中で引っかかる可能性が高くレスキュー隊出動要請の危険を感じたが無事通り抜けることができた。場内から一斉に喚声と拍手が.......あがるわけはない。
choco148.jpg 
 圧搾(プレッシング)。絞って油を取り出す行程。
 これは切実に実体験を望む声が多いのではなかろうか。
 BUTTER PRESSボタンを押すと下のモニターの中で巨大なカカオバターのプレートが排出される。
choco151.jpg
 マンホールの蓋くらいある。でけぇ!!
choco158.jpg
 微粒化(リファイニング)は前に立ってみよう、とあるが何が起こっているか今ひとつ不明。
 前の女性客も?????の様子で次のコーナーに移っていった。
choco163.jpg 
 精錬(コンチング)は機械がチョコレートを練っているところを見る。
choco166.jpg
 何となく機械が動いて何か作業をしているのを見るのは楽しいね。
choco170.jpg
 調温(テンパリング)、これはチョコレートの口当たりや溶け易さなどを調整する重要な過程でショコラティエの腕の見せ所だ。
choco172.jpg
 幾つかの特定の温度を行き来することで結晶の構造が変化する。
 I型~VI型まである結晶のうちV型が一番美味となるそうで今回の体験では50℃→25℃→30℃を経てV型に辿り着く。
choco180.jpg
 これ以降は冷却、型抜き、包装、出荷前に3-4週程度の熟成を経て店頭に並ぶ。
 これでオッサン(もとへ、ナイスミドル)も無事にチョコレートになることができましたよ。
 でも毒入りですぜ、エヘヘ......。
choco185.jpg
 チョコレートの包装を模した記念撮影コーナーがあり、皆思い思いのポーズで写真を撮る。
choco188.jpg
 単身での参加でも客同士で声を掛け合って和気藹々と撮影可能。
 自分の写真を使ったチョコレートパッケージ作成サービスがあると告知されているためか極めポーズで撮っている人が何組かいた。
 観光地や遊園地なんかで何か写真を撮られて出口に来ると写真がもうできていて欲しければ購入できるサービスありますよね。
 あの方式かと思っていたら実は全然違うのですよ。
 ここは単に記念撮影のみ。気を付けましょう。
 極めポーズの無駄遣いですよ。
 
 いよいよチョコレート展も最終フェーズへ。
 ショコラティエの粋を凝らした作品に暫し魅入った後はクライマックスのピエスモンテ(Pièce montée)鑑賞。
 ピエスモンテはチョコレート、飴など全て喰品で作られた観賞用の作品を指す。
 大きい物だと数mに達する作品もあるそうだ。
choco218.jpg
choco221.jpg
 上野らしくパンダ。トントンとフェイフェイ。1歳位の猪程度の大きさ....というか中型犬位。
choco227.jpg
 ハチ公像。こちらはチョコレートの色合を生かした仕上げ。
choco229.jpg
choco230.jpg
 トリケラトプスは爬虫類らしい皮膚の質感までリアルに再現。
choco234.jpg
 ティラノザウルスもリアルだ。最近恐竜の解釈も変わってきていて毛が生えていたりカラフルな体色だった可能性が示唆されてきている。
choco251.jpg
 背中の体毛がまた精巧に表現されているね。
choco238.jpg
 古生代の海は力作。ちょっとグロテスクだが......。
choco241.jpg 
choco247.jpg
 アンモナイト一つくらいならバリバリと丸毎喰べてみたい。

 小一時間の見学時間だったが思っていたより楽しめた。
 この後は物販コーナーもしっかり攻めねば。


 
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秦国風咖喱 メーヤウ 桐店 カリーバイキング [風景など]

 松本の本社でプレゼンテーションをせよとの厳命が下る。
 前日まで現実逃避していたが、さすがに参加しないわけには行かないので前日に突貫作業で何とか資料を作成。そのまま松本に乗り込む。
 幸い滞り無く発表を終えた。終わったら腹が減ってきた。
 会議自体はまだ続いていたが昼喰の出るセッションまではちょっと間がある。
 久し振りにどこかで昼喰をいただきましょう。
 朝飯前ならぬ昼飯前の喰事ですな。
 オッサン(もとへ、ナイスミドル)は信州大学の出で教養部は松本で過ごした。
 当時の信大生がキャンパス周辺で行く店といえば食事処 和(かのう)やさくら食堂で定喰、ど根性ラーメンや万両、分福でラーメンと餃子、源太で山賊焼き、そして今回紹介するメーヤウでカレーあたりが定番だった。
 晴れてますしカレー日和ということでメーヤウに行って見ましょうか。
 メーヤウは早稲田が発祥の店で店名はタイの町名に因んでいる。
 エスニックカレーを売りにしており、松本市には一時数店舗が存在していたが今は信大前店とすぐ近くの桐店が営業を続けている。
meyau53.jpg
 今回は桐店をチョイス。コマツプラザという飲食店長屋の一角に店舗がある。
 こちらは駐車場完備、更にカレービュッフェというかバイキングスタイルでの提供でいろいろ楽しむのに向いている。
meyau01.jpg
 午前11時30分丁度位に店に着いた。
 扉にはまだ準備中の札が掛かっていたのだが既に先客数名。
 どこからかバーチャンが現れて準備中の札掛かったままだよーと言って勝手に札をはずして店内に持ち込んでいた。
meyau49.jpg
 基本的に桐店はバイキングなので席だけ決めたらそのまま皿を持って盛りに行く。
 因みにカレーのみだと1260円なり(2012年10月現在)、ドリンクバーの利用には別途315円(同)が必要。
御得なドリンクバーとのセット(1360円なり、同)とトムヤムスープとのセット(1500円なり、同)もあるのでトムヤムスープとのセットにしてみた。
meyau51.jpg
 この日のカレーは全8種類、辛いのが苦手な人のためのエスケープメニューとしてハッシュドビーフが用意されていた。
meyau03.jpg
 辛さは★印で併記されているが、あまり当てにならないような気もする。
meyau11.jpg
 先ずはご飯を盛る。基本はこのようにクロスを皿の上に描くクロス盛り推奨。
meyau15.jpg
 カレー同士が交じり合うのを防ぐ盛り付けだ。ちょっと盛り過ぎてしまった......。
 もうちょっと畝を細くした方が良いね。
 久し振りのメーヤウでちょっと学生気分が入りすぎてしまったかも。
 カントリーカリー(タイ、★★★★)、グリーンカリー(タイ、★★)、レッドカリー(タイ、★★★)、チキンカリー(インド,
★★★★★)、頂部にはドライカリー(タイ、★★)を華麗(←カレーだけに)に盛り上げる。

 右上から時計回りにカリーを解説していこう。
 カントリーカリーは丸の茹で卵、ミックスベジタブル、ジャガイモ、筍がメインの具材でちょっと辛目。
 (注:平素CoCo壱番屋では2辛をオーダー、とび辛スパイスをかけまくる味覚による評価です)
 グリーンカリーはココナツミルクが効いた爽やかな辛さで筍、パプリカ、鶏肉とオーソドックスな具の構成。
 チキンカリーは丸の腿肉が使われている。スパイシーでタイのココナツミルクの入ったカレーとの対比を楽しむ。
 このチキンカリーには苦い想い出がある。
 当時もバイキングスタイルでの提供だったのだが時間帯によっては具が全て簒奪されており液体部分のみしか無い時が多々あった。
 腹ペコの大学生は一縷の望みをかけてレードルでシンクの底を丹念に攫う。
 カツンと小さく音が聞こえ、手に鈍い衝撃が伝わる。
 嗚呼、神は我を見捨てず、正義は勝つ!!!!!
 悦びに打ち震えながら慎重にレードルを引き上げると.......チキンの骨だけやん...........身は何処よ、一体。
 このような哀しい体験を経つつ今日がある。
 今回は雪辱を果たせ丸毎腿肉を入手できたのも日頃の行いが良いからだろう、きっと。
 レッドカリーは筍、鶏肉がメインの具材。確か大根の千六本入りがウリだったような気もするが一気に摂取してしまったので確認しそびれた。
 自分の認識では一般的にレッドカリー < グリーンカリーの辛さだったと思うが、ここでは辛さの表示が逆転している。
 ドライカリーは鶏挽肉の唐辛子炒めでどちらかというとトッピング的な感じ。これだけを御飯に載せていただくのはちょっとつらそうだ。
 ガヒッガヒッとカレーを喰い散らかしているとトムヤムスープが来た。
meyau21.jpg
 素焼きのポットに入れられたスープは500 cc以上のボリュームがある。
meyau23.jpg
 具を確認すると海老、浅蜊、烏賊、ブナシメジ。ハーブはバイマックルー(コブミカンの葉)、レモングラス、カー(生姜の一種)が確認できた。
meyau27.jpg
 海鮮出汁が出ていて味わい深い。
 ちょっと辛目なのでカレーとの組み合わせを熟慮してオーダーしよう。
 予想外のトムヤムスープのボリュームに一気に満腹感が押し寄せてきたが、2回目の出撃。
meyau35.jpg
 今度はポークカリー(インド、★★★)、マッサマンカリー(タイ、★)、パンプキンカリー(タイ、★★)、ハッシュドビーフ(日本)をチョイス。
 クロス盛り2回は流石に多過ぎなのでポークカリーに入っていた茹で卵を中央に配置しそこから四方に御飯の堰が伸びるようにした。
meyau40.jpg
 ポークカリーは豚三枚肉の塊が贅沢に使用されている。★三つの割にはそんなに辛くない。
meyau39.jpg
 マッサマンカリーはイスラム料理がベースになっているカレーだ。
 タイと云うよりマレーシアで広く喰べられているカレーでココナッツミルクに加えピーナッツが沢山使用されている。
 ジャガイモと鶏肉が加えられていた。
 カレーメニューでは一番マイルドな辛さだが具の取り合わせの妙もあって激辛好きでも楽しめると思う。
meyau13.jpg
 カウンターにある酢や唐辛子漬けを適宜使うとまた味わいが変わって御勧めだ。
meyau46.jpg
 パンプキンカカリーは★2つだが南瓜の甘味が際立ったカレーだ。今回のカレーの中ではこれが一番気に入った。ただこれだけで一皿にしてしまうと飽きてしまうかも知れない。
meyau37.jpg
 ハッシュドビーフは牛肉とマッシュルーム、玉葱のオーソドックな味わい。
 開店直後から途切れることが無く御客が入ってくる。
 皿上を見るとクロス盛りをする人、好きなカレーだけ1種類のみ盛る人など楽しみ方は人それぞれだ。
 かなり満腹になりつつ店を後にする。
 あー、しまった。この後昼l喰付きの会議だったっけ? 

店舗情報
住所: 長野県松本市桐1-2-35 小松プラザ1F
TEL: 0265-33-6504
営業時間:11:30~21:00
定休日: 水曜日
店のホームページ

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

チョコレート展を見に行こう(前編) [風景など]

 2012年は上野が熱い。
 2012年11月現時点で上野の森美術館で絶賛開催中のKINGTUTツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~の他にも終わってしまったがフェルメールの真珠の首飾りの少女が鑑賞できる国立西洋美術館のベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年も話題を呼んだ。
 この11月からは国立科学博物館でチョコレート展が開催されている。
 職場の女性達もこれには行ってみたいと局所的に興味の中心となっているイベントで某日に行って来ました。
 ツタンカーメン展は連日大盛況で整理券制による入館制限を敷いている。
 10月中の平日に一度行ってみたのだが、上野駅には次から次へとバスが乗り付け大量の乗客を吐き出して去って行く。
 午前11時頃の現地着で整理券の入場時間が13時30分以降と告げられその後の予定があったので観覧を断念した。
 物販は入場しなくても購入可だったのでしっかり物欲は満たすことができた。
 今回は雨降りの日の再訪問。さすがに人手は少ない。
 同様に午前11時頃の現着だったが12時30分からの入場整理券を入手できた。
 待ち時間を利用して国立科学博物館へチョコレート展を見に行くことにした。
 因みにツタンカーメン展は夕方移行は比較的空いてくる。
 チョコレート展は午後混む傾向があるとのことだ。
choco01.jpg
 ブヨブヨと上野公園内を移動していくとチョコレート展の呼び込みをしている。
choco02.jpg
 D-51の脇を抜けて進む
choco05.jpg
 幸い行列も無く直ぐに入場できた。
choco06.jpg
 入場券もちょっと取って置きたいデザイン。
 平均観覧時間は1時間位だそうで待ち時間を有効に使えそうだ。 入り口に到達するとチョコレートの香りが立ち込めている。如何にも関西系のオッサン(非ナイスミドル)が受付嬢にチョコ喰べ放題なん?、そやろ。等と無茶を云って困らせている。
choco11.jpg 
choco13.jpg
 入り口脇にはチョコレートで出来た蒸気機関車と鯨が飾られている。
choco15.jpg
choco19.jpg
 どちらも精巧な造りで暫し魅入る。
 会場内は撮影可能なエリアが多く、撮り応えのある被写体が多数あるようなので期待が高まるね。

 最初のエリアはカカオについて学ぶ。
 中に入るとチョコレート臭が和らぐ。鼻が慣れて麻痺したのか、入り口のみの演出だったのかは不明。
choco21.jpg
 カカオの木の模型展示があるが生っているところは初めてみた。
choco33.jpg
 カカオ豆の莢は存外と大きく、コーティングされたものを触ることのできるコーナーが用意されていた。
choco29.jpg 
 カカオは産地によって形態やサイズがかなり異なる。
dhoco37.jpg
 次のエリアにはマヤ文明やアステカ文明でチョコレートを入れていた容器が展示されていた。
 御存知の方も多かろうがこれらの文明では飲み物として摂取されており、砂糖を入れて御菓子にしたのはヨーロッパ人だ。
 ここは撮影禁止のエリア。
  お次は前田商店が提供したヨーロッパのチョコレートカップ、チョコレートポットのコレクション。
choco90.jpg
choco92.jpg
 ティーカップの様な装飾を施した芸術品が展示されている。
 女性客に人気の展示でオバサマ達が綺麗だわーを連呼していた。
 お次のエリアは日本のチョコレートの歴史を学ぶ。ここは撮影禁止エリア。
 明治製菓、グリコ、森永製菓、ロッテ等のチョコレートの歴代パッケージと懐かしいコマーシャルが流されていた。
 ちょっと長くなりそうなので記事を分割します。以降は後編へ。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

CoCo壱番屋 カレーローメン(普通盛り) [ローメン]

 職場のPCにメールが届いた。
 他社の若手営業マンからでカレーローメン見つけました!!!とある。
 印度屋?と思いつつよくよく本文を読むとCoCo壱番屋駒ヶ根インター店で発見とある。
 御存知CoCo壱番屋は全国規模のカレーチェーンである。全国画一的なメニュー構成かと思いがちだが、地域限定、店舗限定のメニューが相当数用意されているのだ。
 この駒ヶ根インター店では以前ソースかつを限定でトッピングとして扱っていたが好評を受け長野県内の店舗に取り扱いが拡大した経緯を持つ。
 また最近だと飯田店で鹿肉を使ったカレーが一時期提供されていた。
coco02.jpg
 仕事を早く切り上げ駒ヶ根インター店へ向かう。
coco01.jpg
 大々的に垂れ幕で宣伝しているのかと思ったが違った。
coco03.jpg
 入り口のドアにはチラシが貼ってある。
coco04.jpg
 内部にはローメンズクラブの公式キャラクター「ロメンくん」を使った告知があった。
 どうやらローメンズクラブ公認で開始したメニューの様だね。

 カウンターに陣取りカレーローメン(680円なり、2012年10月現在)と高らかにコール。
 カレーメニューの様に○辛が選択できるがノーマルで注文。
 多分トッピングも可能だと思われる。
 数分待って登場。
coco08.jpg
 カレーの香りに混じって胡麻油の香りが立ち昇る。
coco11.jpg
 麺は服部製麺の蒸し麺を使用している。
coco12.jpg
 肉は豚肉でキャベツ、人参、玉葱が載る。
 味はカレー饂飩のローメン版といったところで喰べ易い。辛さもノーマルで丁度いい感じだ。
 麺のモサモサというかゴワゴワした独特の喰感は失われてはいない。
 ベースのカレーはポークカレーを流用している。
coco22.jpg 
 ローメンといえば卓上調味料だが、配膳時に七味唐辛子が付いてきた。元々卓上にあるソース、とび辛スパイス、福神漬けも使用可能。
 七味唐辛子だと和風、特製辛味スパイスだと洋風のテイストでこの辺は好みだろう。
 酢は無いの?と聞いてみたが残念ながら置いていなかった。
 秘策として一緒に頼んだラッキョウを流用。甘酢だが悪くない。
 酢の提供もあると尚良さそうだ。

 因みに一緒に頼んだのはハーフカレーのソースかつトッピング版、2辛でオーダー。
coco14.jpg
 カツカレーにソースをかけていただくのとどう違うのかと問われると苦しいが、ソースかつと御飯で喰べてみたり、カレーと絡めたり自由に楽しんで欲しい。
coco17.jpg
 駒ヶ根名物ソースかつ丼からのインスパイアメニュー。ワンドリンクがついてくるのでマンゴーラッシーにしてみた。
coco06.jpg
 尚、このカレーローメンだが提供期間は未定ながら半年くらいはメニューに載せておきたい(2012年10月提供開始)とのことだった。
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

HOTEL BUENA VISTA 立食パーティー(2012年秋) [宴会料理]

 突然松本の本社から呼び出しを喰らった。 
 会議及びその後の立喰パーティーに接待がてら参加すべし。
 ブヨブヨとHOTEL BUENA VISTAへ向かい、会議に参加。
 会議自体は恙無く終了。そのまま参加者が立喰パーティーに移行する。
 年配者も多いので移動に時間がかかるので、その隙を利用して料理の撮影を敢行。
 いつも撮影しているので最近はオッ、punchiti、また撮ってるね、位であまり詮索されなくなってきた。
buenavista01.jpg
 さて、ひとつずつ見ていきましょう。
buenavista04.jpg
 牛ステーキ。脂が少し多い部位だが結構柔らかい。
 付け合せはコーンと大蒜の芽のソテー。
buenavista02.jpg
 前にあるグレヴィーソースでいただく。クリームが入れられており濃厚なソース。
buenavista06.jpg
 珍しく羊肉料理。ラム肉のジンギスカン風の味付。
 松本の立喰系では初めて見た。付け合せは人参、子玉葱、ブロッコリー。真ん中の空白地帯が気になるところだが......。
buenavista09.jpg
 ブイヤベースはムール貝、浅蜊、烏賊、ヤングコーン、小海老が具になっている。
 フレッシュトマトの角切りがトッピングされていた。
buenavista11.jpg
 こちらはカレードリア。チーズが入っておりこれも濃厚。

 ん~?フレンチトースト?
buenavista12.jpg
 スペイン風オムレツというかキッシュの中身をオーブンで焼いたような卵料理だった。名前判らぬ。
buenavista14.jpg
 サンドウィッチはベーグルとオープンサンド、チーズ、ツナ、サーモン等が具材。
buenavista16.jpg
 チーズ系のオードブルはスモークチーズ、カマンベール、チェダー。
 野菜のチップスも副えられておりパーティー後半にこれだけ集中的に捕獲しているオッサン(非ナイスミドル)がいた。
 buenavista19.jpg
 buenavista24.jpg
 ハム系のオードブルは種類が豊富。一通り捕獲する。
buenavista23.jpg
 盛り合わせ皿の上部には生ハムがあり、これが一番美味。
buenavista67.jpg
 適宜オリーブと和風ドレッシングをかけていただく。
buenavista21.jpg
 カルパッチョは平目と梶木鮪だが、またまた謎の空白地帯が......。
 どうやら給仕さんが少しずつ小皿に取り分けて提供を始めていたんだね。
buenavista32.jpg
 サラダはシーザーサラダと生ハムのサラダの2種。奥のソースポットはイタリアンドレッシング。
 野菜もしっかり摂らんとね。

 会場奥へと潜入していくとしーすーがあった。
buenavista35.jpg
 ネタは穴子、生海老、イクラ軍艦、鮪赤身、ハマチ、卵焼き、サーモン、烏賊、ロコ貝。
buenavista41.jpg
 帆立の貝柱をベーコンで巻いてソテー、それをバターソースで喰べる。
buenavista86.jpg
 おかわりして4個喰ってやりましたよ。
buenavista38.jpg
 パスタはペスカトーレ。魚介とトマトを使用した日本人好みの味付だ。ペスカトーレは漁師を指し海辺の家庭の料理がルーツとなっている。
buenavista53.jpg
 〆的なものは信州らしく冷製の蕎麦。
 もちろんまだ喰い続けますよ。
buenavista45.jpg
 ピッツアがありました。奥が海老と烏賊、椎茸のトマト風味で手前が牛肉としめじ、ルッコラをマヨネーズとテリヤキソース風で味付してあった。
buenavista50.jpg
 スープはコーンポタージュかと思ったがクラムチャウダーだった。
 デザート類も途中でキチンと攻めておこう。前々から注意喚起しているがスイーツ類は通常補充が無い。
 頑なに自らの喰事の順番を守っていると出遅れるリスクがあるのだ。立喰パーティーでは時に柔軟な対応が必要とされる。
buenavista36.jpg
 フルーツは女子に人気だった。
buenavista68.jpg
 ひっそりと会場の片隅にスイーツが出現。他の参加者に気取られぬように気配を殺して近付いて行くのだが、いつの間にか見知らぬ小娘がオッサン(もとへ、ナイスミドル)の前に割り込んで来た。
 皿を手に持ち数種類のスイーツの前で逡巡する小娘。
 ここは年長者としてビシッと且つダンディにアドヴァイス(勿論本心は早くせいッ!!なのだが)せねばならない。
 「迷ったら全部いかんかいッ!!」
 小娘(面識は無いが話していた相手から推察するに本社の関係者だと思われる)はプッと噴き出しながら2個ほど皿に採り戻っていった。
 当然の如くオッサン(もとへ、ナイスミドル)は全種類捕獲する。
buenavista75.jpg
 右下のシュークリームはチョコレートクリームが中身で時計回りにガナッシュ、カスタードとキウイフルーツのタルト、洋梨のケーキ、ブルーベリーの入ったレアチーズケーキの全5種。
 勢い余って上の飾りの紙を喰べてしまわぬように注意。
 ガナッシュはほろ苦くこの中では一番好み。
 時折思い出したように接待をしつつガヒッガヒッと喰い続けていたがいつしか満腹状態に。
 一応本社の重鎮に挨拶してから会場を後にする。
 返り際1階のホールに降りると南瓜のオブジェが展示してあった。
buenavista89.jpg
 水玉のモチーフを使用していることから推察されるように....
buenavista92.jpg
 草間 彌生 氏の作品だった。
 彼女は松本市の出身でここのところパルコやヴィトン等で作品を展示する機会が増えているので御覧になったことの或る方も多かろう。
 ホテルのホールにはさすがに定番の白と赤の水玉模様はそぐわないがこれならアリかな。


タグ:松本市
nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理