So-net無料ブログ作成
検索選択
冷やし中華 ブログトップ
前の10件 | -

麺将 武士 冷し中華 & もつ二郎 [冷やし中華]

 上田市の開催された講習会に参加。午後からの開催なのでちょっと早目にいって昼喰を上田市で摂ることにしよう。

 出発前に雑事をこなしていたら思いがけず時間を喰ってしまった。上伊那から竜東線を通って岡谷市へ。
 和田峠を抜けて丸子方面から上田駅へ向かう。あまり混雑しておらず2時間弱で到達。
motujirou01.jpg
 途中の長門町で見られる店。一度入ってみたい。
motujirou04.jpg
motujirou05.jpg
 駅前には上田市を舞台にした映画「サマーウォーズ」と戦国BASARAの真田雪村のスクリーンポスターなどが飾られている。
 土産物もこれに因んだものが多くなっているね。本来の定番上田土産といえばマヨどらバーガーじゃなかったみすず飴を連想する。
 時間の関係で新しい店舗にチャレンジする余裕が無く、見知った麺将 武士(もののふ)に向かう。
motujirou06.jpg
 店内に入ると新メニューがあったのでこれはこれでOK。
 もつ二郎というのがあったので早速注文。数分で登場。
motujirou12.jpg
 普通盛りにしたが随分と高さがある。
motujirou13.jpg
 もやしの量が半端ではない。一袋まるまる使っている感じだ。
motujirou20.jpg
 もつ煮がもやし山を取り囲む。
 スープはトロミがありトンコツ醤油ベースのようだ。味噌が隠し味に使われているような気がする。
motujirou24.jpg
 麺は太目で大量のもつと相俟ってボリュームのあるメニューだ。
 余力のある方は御飯と一緒に摂取するといいと思う。

 調子に乗って冷し中華も注文。もつ二郎を摂取し終えた頃登場。
motujirou28.jpg
 個性的な盛り付けだ。
motujirou31.jpg
 サイドビュー。
motujirou33.jpg
 具はトマト、ハム、胡瓜、錦糸卵、支那竹。立てかけられるようにトッピングされている。
motujirou35.jpg
 裏はちょっと寂しい......。
 麺は極細麺でキリリと冷されている。
motujirou40.jpg
 タレは白醤油を用いているようで色が薄目。酸味も程良く喰べ易い。
 ミニ叉焼丼かブリュレとのセットメニューがあるが今回は単品で注文してみた。

店舗情報
住所: 長野県上田市天神1-1887-17
TEL: 0268-27-0188
営業時間:11:00~25:00、Last Order 24:30)
定休日: 無し
店のホームページ
http://bond-of-hearts.jp/shop_mononofu.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
 

居酒屋 綾瀬 冷し中華(普通盛り) [冷やし中華]

 今年の夏は各地で異変の報告が相次ぐ。主なものとしては関東の一部では蝉が全く鳴いていないとも聞く。
 ここ、上伊那でも7月下旬頃より通勤路であれほど見かけていた小学生や中学生を全くみかけなくなった。これもなにかの予兆なのだろうか.......................................え?夏休み
 あぁ、そうでしたか。オッサン(もとへナイスミドル)は休み無く扱き使われているので気が付かなかった。
 7月は意外と暑くなく過ごせているので夏休みといってもあまりピンとこないね。
 夏休みといえば宿題。オッサン(もとへナイスミドル)も強制されてはいないが幾つか宿題にしていたことをこなしておこうと思い立つ。
 さて、飯田市の居酒屋綾瀬。
 唐揚げ、豚しょうが焼、ソースかつ丼とボリュームのあるメニューを紹介してきたが、夏らしく宿題になっていた冷し中華を喰べてみよう。
 店舗はJR飯田線桜町駅から徒歩2-3分。飯田創造館のすぐ近くに店舗がある。
ayasehiyash02.jpg
 カウンターに陣取り、冷し中華ね!!(900円なり、2011年7月現在)と元気良くコール。
 女将が大将に冷し中華一つと告げる。大盛りにできるん?と聞くと普通でも麺2玉だよ、と云われたので普通盛りのままとした。
ayasehiyash03.jpg
 10分待つとテーブルにタレの容器が置かれる。冷し中華のタレですよ、と。ついで本体が登場。
ayasehiyash06.jpg
 何か妙に豪華な具の冷し中華だ。
ayasehiyash09.jpg
 繰り返しますが900円ですよ。ホテルのレストランなんかで頼むと1800~2000円くらいとられそうだ。
ayasehiyash12.jpg
 具は茹で海老、蟹風味蒲鉾、胡瓜、トマト、蒸し鶏、茹で卵、若布、海月の和え物、白髪葱、ハム。
ayasehiyash07.jpg
 麺には味が全く付けられておらず、先ほどのタレを適宜かけていただく個性的なスタイル。麺はやや細いストレートタイプ。
ayasehiyash17.jpg
 中華風のタレもありますよ、と更にタレの容器が出てきた。
ayasehiyash14.jpg
 まず、中華風。胡麻油と酸味の効いたタイプ。甘味はやや控え目。油淋鶏のタレに似た感じ。
 もう一つは和風で甘く酸味の少ないタイプ。焼き鳥等のタレに似た感じ。
 小皿も付けてくれたので麺を少量移しタレの違いを味わってみる。どちらも捨てがたいなぁ。
 欲張りなので皿の上を2分割して両方楽しもうと思ったが、いいことを思いついた。
 小皿に麺を移し、具も適当に移す。
 上からタレをかけて小分けにして喰べればどちらも楽しめる。
 麺2玉と具も量があるのでかなり腹に貯まる。

 摂取の終盤頃、大将がお腹いっぱいになったかい?と聞いてきた。これ、女性だとキツいんとちゃいますのん?と返すと
 女性もこの量なら結構ペロッと喰べちゃうよ、と。
 更に、定喰類も御飯3杯くらいまでおかわりする女性が結構いるしこの辺の人は良く喰べるよね、と続く。
 え?え?オッサン(もとへ、ナイスミドル)はこの量でかなりダメージを受けていますが............、飯田市民というか、やはり綾瀬恐るべし。
 更にデザートが付くようでカキ氷とアイスコーヒーのどちらがいいかいと聞かれアイスコーヒーを選択。
ayasehiyash20.jpg
 小上がりで唐揚げ定喰と豚しょうが焼定喰などを喰べていた家族連れは全員かき氷をチョイスしたようで結構な大きさのかき氷が運ばれていくのをあきれつつ見守る。因みにかき氷は自家製。
 アイスコーヒーを啜りつつ大将とちょっとおしゃべり。
 ローメンの調査もしていることに話題が及ぶと、実はここでもローメン出そうかと思ったこともあるんだよね、と。
 でも、飯田市内の他の店で出しているだろうからわざわざウチでやらんでもと思って止めたんだよね。
 飯田市で現在ローメンを出しているのは自分の知る限り「ほそざわ」(未訪)だけのようで、飯田市ではローメンそのものに馴染みがないようだ。
 この旨を更に伝えると、そうなのかい、じゃ、やってみようかな、ということでそのうちメニューに加わるかも知れないね。
 
店舗情報
住所: 長野県飯田市大王路1-13
TEL: 0265-23-4565
営業時間:11:30~14:30、17:00~23:00
定休日: 水曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※

タグ:飯田市

ラーメン処 花ぜん 冷やし中華 [冷やし中華]

 今年の9杯目の冷やし中華はラーメン処 花ぜん。南箕輪村店に来訪、店舗は国道153号線沿いにあり、店舗前に10数台分の駐車場が用意されている。本店は伊那市にあり本店でのみローメンも扱っている。
IMG_5972.jpg
IMG_5975.jpg
 店内は明るく、カウンターテーブル席、小上がりがあり幼児を含む家族連れでも入店しやすい。
 いつもは味噌ラーメン系を注文するのだが、今日の御目当は冷やし中華。醤油味(930円)、ごま風味(980円なり、ともに2010年7月現在)があり、前者を注文する。2010年8杯目となる。ちょっと混んでいたためか10分程で登場。
IMG_5976.jpg
 カウンターに座っていたため厨房内が見通せ、オバチャンがメロンを切っているのが目に入った。まさか、冷やし中華に載せないよね?と聞くと冷やし中華用だとの答え。
 メロンの嫌いな自分は慌ててメロンを抜いてもらうよう交渉。
 というわけで本来の姿はこれにメロンが載っている。
 具は半熟玉子、胡瓜、若布、ボンレスハム、プチトマト、レタスがタップリ載る。メロンをはずして貰ったのでレタスは増量になっているかも知れない。海苔がトッピングされている。
IMG_5980.jpg
 麺は太麺でスープは酸味抑え目でアッサリとしている。マヨネーズがデフォルトで上にかかっていた。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡南箕輪村田畑6451-1
TEL: 0265-73-7081
営業時間:11:30~14:00, 17:30~22:00
土、日、祝祭日はLast Order 21:00
定休日:月曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:南箕輪村

中華レストラン プライム太一 冷やし中華 & ニラチャーハン [冷やし中華]

 2011年の冷やし中華3杯目は下諏訪町のプライム太一でいただく。本来なら2010年度の冷やし中華の一杯として検討していたのだが、箕輪店が残念ながら閉店となってしまい頓挫していた。
 2011年のシーズンを待って下諏訪町の本店に赴く。
primetaichi02.jpg
 店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気。コンパートメント化されたテーブル席が主体の構成。
primetaichi21.jpg
 ここは昼休みが無く喰事、喫茶共に提供されているので嘗て諏訪に居た時には重宝していた。
 冷やし中華を注文(819円なり、2011年5月現在)する。10分程で登場。
primetaichi23.jpg
 ここの盛り付けはちょっと個性的だ。今までは白い皿で出てきていたのだが、このときは黒い皿だった。
 具は錦糸卵、胡瓜、叉焼で横一列に配置されている。紅生姜と刻み海苔がトッピングされている。
primetaichi26.jpg
 麺は中細のストレートタイプ。スープは甘目で酸味はあまりキツクない。
primetaichi29.jpg 
 ずるずると光の速さで摂取してしまった。
 プライム太一に来たら是非とも味わっていただきたいメニューがある。
 ニラチャーハン(735円なり、同)がそれだ。
 冷やし中華との組み合わせについては異論もあろうがニラチャーハンは来店の度に頼んでしまう。
primetaichi31.jpg
 大蒜を利かせてあり、たっぷりの刻まれた韮がアクセントを添えている。
primetaichi35.jpg
 ちょっとスパイシーで癖になる味付だ。御勧めは太一みそラーメンとの組み合わせ。
primetaichi39.jpg
 中華スープが附属する。
 因みにこれを摂取した後で帰りの車内等でガス漏れ事故が発生すると大変な事態になるので注意。

 食事をしつつ上を見上げると大きなぬいぐるみディスプレイされている。
primetaichi46.jpg
primetaichi18.jpg
 カウンターの壁にはカラフルな珈琲カップが並ぶ。
primetaichi45.jpg
 珈琲を注文すると好きなカップを選ぶことができるサービスあり。そういえば喰ってばかりで一度もこのサービスを利用したことがないなぁ。

店舗情報
住所: 長野県諏訪郡下諏訪町赤砂4355-7
TEL: 0266-27-3492
営業時間:11:00~22:00
定休日: 月曜日、第3火曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※ 
タグ:下諏訪町

中華飯店そんごくう 冷やし中華 [冷やし中華]

 箕輪町の中華飯店そんごくうに訪問した際にメニューに冷やし中華があるのに気付く。
IMG_7004.jpg
IMG_7042.jpg
 夏季限定と書かれていないので冬でも出せるの?と聞くと通年でやっているとの答え。蕎麦を喰べるときは冬でももりで頼むので自分的には全然OK、そうはいっても冬場の訪問で吐く息も白いのだが.........。
 早速、冷やし中華を注文することとした。何しろ今年(2010年)の目標の15杯もまだクリアーできていないしね。(ちょっと旧い記事で恐縮だが2010年は結局13杯でシーズンオフになってしまった。実は2011年の冷やし中華シーズンは既に始まっている。参考にされたし。)
 15分ほどで登場。
IMG_7027.jpg
 つけ麺のスタイルを採った冷やし中華だ。
IMG_7031.jpg
IMG_7037.jpg
 具は胡瓜、鳴門巻、叉焼、錦糸卵、トマト、紅生姜、中華料理店らしく、中華蒸し鳥と海月がトッピングされている。レタスが敷かれているが麺の水切りはしっかりされていた。レモンとパセリ、何故かチェリーシロップ漬けが添えられている。
 つけダレは少し酸味の利いたタイプで葱の微塵切りが散らされている。麺は縮れのある細麺でタレにつけながら戴く。1.5玉位ある感じで定喰もそうだったが料理のボリュームがある。
 前述の如く容器の底に水が貯まっていないのでつけダレを上からかけてぶっかけにしても良さそうだ。
 他のお客の注文が耳に入ってくるがラーメン類を頼む人も多く、麺類はここの人気メニューみたいだ。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪松島9614松島井桁屋ビル2F
TEL: 0265-79-7601
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日: 不定休

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:箕輪町

中国料理みどり 冷やし中華 [冷やし中華]

 今年(2010年のことです。またまた季節感無視)は猛暑のせいか9月に入っても冷やし中華の貼り紙が残されている店舗をちらほら見かける。自分としては冷やし中華年間目標15杯をこなせていないので都合が良い。
 中国料理みどりで2010年11杯目の冷やし中華を摂取することとした。いつものごとく山寺駐車場(ここは1時間無料で御得)に駐車し歩く。閉店間際の入店のせいか店は空いていたが、自分の後からもポツポツと客が来店していた。
IMG_7003.jpg
 冷やし中華を注文(650円なり、2010年9月現在)する。10分程で登場。
IMG_7016.jpg
 麺は細麺。冷やし方はあまりキツくしていない。スープが多目で甘さや酸味を抑えてあり、胡麻油の風味が少々漂う。全体的に柔らかい味わいの冷やし中華だ。
IMG_7021.jpg
 具は胡瓜、錦糸卵、叉焼、鳴門巻き、若布、紅生姜。
 麺は普通盛りで丁度良い量だ。

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡伊那市山寺区八幡町1950
TEL: 0265-72-4393
営業時間:11:00~20:30
定休日:水曜日
店のホームページ
http://www.inacci.or.jp/contents/meibutu/rohmen/member/midori/midori.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市

ごはんや 冷やし中華 [冷やし中華]

 まだまだ熱い2010年9月、冷やし中華の需要も十分ある。伊那市西箕輪のごはんやで冷やし中華をいただく。(季節感、時系列完全に無視です。)
 広域農道の殿内時計記念博物館の交差点を西進し自動車で2-3分、ちょっと不安になった頃左手に建物が見える。今回は裏口から御邪魔する。
IMG_7006.jpg
 ちなみに表はこんな感じ。
IMG_7019.jpg
 店内はテーブル席主体。ロールキャベツやオムライス、パスタ等が看板メニュー。ワンコイン定喰も始めている。
IMG_7022.jpg
IMG_7016.jpg
 御目当は冷やし中華(700円なり、2010年9月現在)。10分程で供される。
IMG_7027.jpg
 麺は細麺で氷も用いて冷やされている。タレは比較的多目、レモンの風味がかなり利いている。油は控え目で喰べ易い。
IMG_7030.jpg
 具はトマト、胡瓜、錦糸卵、鳴門巻き。紅生姜が載る。2010年の目標はあと3杯。
 冷やし中華を自分で作るときは必ずトマトを載せるが2010年の店で喰べる冷やし中華の具としてはあまり見かけなかった。上伊那の特徴なのだろうか?
 毎月5の付く日はオムライスが通常1000円のところ500円になる。この日は多いときは150人以上来店するようだ。また予約しておけばハート型のティラミスや手作りケーキも提供可能だそうだ。

店舗情報
住所: 長野県伊那市西箕輪吹上1547-7
TEL: 0265-73-8876
営業時間:11:30~15:00, 17:00~20:00
定休日:月曜日(5の付く日は営業)

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市

食堂とよばら 冷やし中華 [冷やし中華]

 今日の冷やし中華は食堂とよばら。伊那インターを降りて右折、広域農道を越えて進むと左手にJA西箕輪店が見える。東側の小路に面して店舗がある。駐車場は無いので徒歩で頑張るか、ゴニョゴニョして駐車するかする。相変わらず季節感無視、速報性も全く無しでゴメンナサイ。
IMG_6249.jpg
 ローメンが看板料理だが、これは別レポートを参照されたし。
 冷やし中華を注文(580円なり、2010年7月現在)する。2010年10杯目となる。10分程で登場。
IMG_6263.jpg
 結構具沢山だ。トマト、若布、鳥のささ身の酒蒸し、モヤシ、胡瓜、錦糸卵、ボンレスハム。
IMG_6267.jpg 
 麺は細麺。スープは少し胡麻油が効いた懐かしい味だ。酸味はあまり強く無い。スルスルと完食。

 この店は場所柄近所の人たちが一杯やりに来る。ビール焼酎を頼むとつまみを付けてくれるのだが小鉢を選ばせてくれる。これは嬉しいサービスだ。ちょっと写真撮ってもいい?と聞くと、いいけどいつもはお盆の上は小鉢で満杯なんだよー、と。
IMG_6268.jpg

店舗情報
住所: 長野県上伊那郡伊那市西箕輪大萓3900-213
TEL: 0265-72-4909
営業時間:11:00~14:00、16:00~21:30
定休日:水曜日
店のホームページ
http://www.inacci.or.jp/contents/meibutu/rohmen/member/toyobara/toyobara.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市

テンホウ 冷やし中華(大盛り) [冷やし中華]

 全く季節感の無いレポートを唐突に提示。完全に時期を逸しているが来年の参考にされたし。
 土砂降りの雨の中、夕飯を何処で喰すかしばし思案。ここのところディープなローメンにかまけて、冷やし中華摂取が疎かになっていることも気懸かりの一つ。屋根付き駐車場のあるテンホウを思い出した。どうやら同じ事を考えた方が多いようで結構混雑している。冷し中華の他に冷やし坦々麺や冷麺もメニューにある。
 冷やし中華大盛り(580円 + 100円なり、2010年7月現在)を注文。2010年7杯目となる。数分で登場。
IMG_5001.jpg
 具はトマト、胡瓜、叉焼、茹で卵、若布、紅生姜。
IMG_5003.jpg
 麺は細麺、スープは酸味がやや控え目で和風のテイスト。
 +350円でミニソースかつ丼をプラスできるので注文してみた。冷し中華にかつ丼の組み合わせは自分でもどうかと思うがものは試しだ。
IMG_5008.jpg
 カツはレギュラーサイズの半分ながら御飯は1合程度あり、かなりのボリューム。女性ならこれでも十分だと思う。因みの残りのカツ半分はどこに行ったのだろう?謎だ。
IMG_5009.jpg
 ソースはやや甘目でソースの風味を活かしてある。レギュラーサイズのソースかつ丼に付いてくる温泉卵は付属しない。中華スープと香の物が付く。
 ラーメン類の盛りはかなり多いのだが、冷やし麺はやや控え目な印象。今度は+200円の麺ダブルにしよう。

店舗情報
住所: 長野県伊那市山寺区水神町261-2
TEL: 0265-72-8522
営業時間:11:30~14:30, 17:30~21:45
定休日:第1水曜日
店のホームページ
http://saucekatsu.hp.infoseek.co.jp/tenpo/tenhou/tenhou.html

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※
タグ:伊那市

クロネコ 冷やし中華 & 親子丼 [冷やし中華]

 またクロネコに行く。定番のセントラルパーキング(通り町駐車場)に駐車(ここは1時間無料で御得)し歩く。徒歩1-2分で到着。
IMG_5666.jpg
 今日は冷やし中華の気分なのですかさず注文する。2010年9杯目となる。数分で登場。
IMG_5668.jpg
 具はハム、錦糸卵、胡瓜、若布、紅生姜。若布の上には摺り胡麻が載せられている。
IMG_5672.jpg
 タレは胡麻油の風味がやや強く、酸味と甘味は控え目。麺は細麺。少し懐かしい味わいだ。
 今回の来訪では無いが親子丼も紹介。地元民には人気の高い一品だ。
IMG_3662.jpg
IMG_3664.jpg
 鳴門巻と海苔がトッピングされているのが蕎麦屋らしい。鶏肉はふっくら煮えており、結構数がある。味は少し濃い目で素朴な味わい。

店舗情報
住所: 長野県伊那市荒井通り町3391-1
TEL: 0265-72-2324
営業時間: 11:30~20:00
定休日: 水曜日

※定休日、営業時間は変更になっている可能性もあります。※

タグ:伊那市
前の10件 | - 冷やし中華 ブログトップ