So-net無料ブログ作成
検索選択
県外遠征(神奈川県) ブログトップ

桜木町ワシントンホテル モーニングビュッフェ [県外遠征(神奈川県)]

 横浜出張となり桜木町ワシントンホテルに宿泊。ここはJR根岸線桜木町駅に程近いロケーションで愛用している。
sakuragi01.jpg
 5階(ロビー階)のBAY SIDEでモーニングビュッフェ。
sakuragi04.jpg
 まずは一通りメニューをチェックする。
sakuragi05.jpg
 半熟温泉たまごとおかゆ。
sakuragi07.jpg
 温野菜と鮭の塩焼き。
sakuragi10.jpg
 横浜らしく焼売とブロッコリーの中華風。上段はかつお梅と搾菜
sakuragi14.jpg
 五目卯の花(おから)とひじき煮。上段は蒲鉾、白菜と人参の浅漬け、沢庵漬け。
sakuragi13.jpg
 筑前煮と肉じゃが。
sakuragi15.jpg
 納豆と焼き海苔。写真に入っていないが御飯と味噌汁が他にある。これにて和食エリアのチェック終了。
sakuragi21.jpg
 ジャーマンポテト、ポークベーコン。
sakuragi31.jpg
 ポークソーセージ。スクランブルエッグ。
sakuragi19.jpg
 サラダ、コーンスープ。
sakuragi17.jpg
 ポテトサラダとシリアル。ポテトサラダにはフライドベーコンとコーンをトッピングできる。
sakuragi34.jpg
 グレープフルーツジュースは必ず飲む。
sakuragi28.jpg
 フルーツヨーグルト。キウィソースとストロベリーソース。
sakuragi36.jpg
 熟考の末、上の写真のメニューを捕獲してきた。窓側のカウンター席からはベイエリアが一望でき久し振りにゆっくりとした喰事となる。
sakuragi23.jpg
sakuragi25.jpg
 パンを2-3個追加で摂取し終了。珈琲で締め。
タグ:横浜市
nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パシフィコ横浜 宴会料理(後編) [県外遠征(神奈川県)]

 前編からの続き。
 前半は割合あっさりしたものを摂取していたので少しコッテリしたものを捕獲しよう。
pacifico21.jpg
 牛肉の炒め物。甘辛の味付け。
pacifico22.jpg
 チキンライスの上に鶏肉のソティーが載せられている。
pacifico23.jpg
 前編でも写っていたペンネのトマトソース。何故かあまり人気が無い。スパイシーなソースで美味しいんだけどね。
pacifico25.jpg
 烏賊の炒め物も前編で出たが今思い返しても何味かさっぱり判らぬ。失礼を承知で言わせていただくと味付途中で忘れてそのまま出してしまったのではないかと思われる。

 ここまでは映画プレデターに出てくるエイリアンの様に目立たぬように獲物を捕獲していたが、運悪く取引先の人に発見されてしまった(既に何しに参加しているのか不明な状態)。
 これからお楽しみのチーズコーナーを攻めるところだったのに..........。
pacifico05.jpg
 開始前のチーズコーナー。おー、大好きなアレがある。
 取引先を無碍に扱う訳にもいかないので暫く談笑、その間にもチーズのことが気懸かりでかなり挙動不審だったのではと思う。
 誰か人がチーズコーナーに近付く度に焦ってしまう。
あー、あたいのチーズちゃんたちがぁ......(もちろん自分のものでは無いのはいうまでもない)
 今まで培ったテクニックの全てを駆使して会話の場をジリジリとチーズコーナーの近くまで誘き寄せることに何とか成功。
pacifico31.jpg
 祈りが通じたのか取り敢えず全種類捕獲できた。名前が一つも判らないのもどうかと思うが、右上の黒胡椒をまぶしてあるのが一番好きでこれがあると必ず摂取する。因みに左下はカマンベールではなくセミハードタイプのもの。真ん中のはウェットタイプでナッツやドライフルーツが埋め込まれており甘い。
 何か忘れているような気もするがチーズも喰べたことだし、挨拶して会場の出口に向かう。
 取引先が見送ってくれたのだが.........。
 出口近辺にスイーツコーナーが設えられていた。
pacifico37.jpg
 踵を返し、エヘヘ.....と笑って誤魔化しスイーツを入手。
pacifico40.jpg
pacifico42.jpg
 珈琲ムースとフルーツのババロアのケーキ。しっかりと摂取。ついでに隣に珈琲もあったのでこれもいただく。
 今度こそじゃあ、と挨拶して会場から去りかかるものの視界の端に何か気になるものがある。
pacifico44.jpg
 今度はアイスクリームのコーナーが出来ていた。愛想笑いをしつつチラッと取引先の顔を見ると深い諦念の表情が浮かび、無言のまま道を開けてくれた。ここまできたら恥も外聞も無い。弱者はただ消え去るのみ。
 給仕のオネーサンに全部ちょっとずつね、とダンディにオーダー。
pacifico47.jpg
 ストロベリー、チョコ、抹茶味。
 今度こそ本当に終了。
pacifico50.jpg
 午後9時を過ぎてはいるが長野と違って街中が明るいね。長野を出てくるときは-8℃だったがこちらは随分と暖かい(あくまでも長野県民の主観としては)。この日は珍しく風があまり無いからかも。
 ホテル前のホールには冬の電飾。アイスブルーのものは長野ではあまり見かけない。
pacifico59.jpg
 今度は桜木町駅方面から望む。
pacifico60.jpg
 さて、おとなしくホテルに戻って寝ますかね。
タグ:横浜市
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パシフィコ横浜 宴会料理(前編) [県外遠征(神奈川県)]

 パシフィコ横浜で開催された某会議に潜入する。
 赤レンガ倉庫側からベイエリアを望む。右端がパシフィコ横浜と隣接するヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。いつかここに泊れる位の身分になって白いバスローブに着替えてワイングラスを片手に.......このネタは使用済みでした。
pacifico064.jpg
 さて、幾つかの会議が平行して開催、且つ例年遅くまで会議が延長されるため、途中で脱落して帰る人が結構いる。自分は薄れ逝く意識の中、執念で粘って会議終了後に催される打ち上げまで何とか持ちこたえた。
 立喰パーティー会場へ移動、素早くレアなメニューの配置をチェックする。例の如く挨拶は全く耳に入らず(但しボッーとしていてはいけない。料理捕獲のシミュレーションをする重要な一時なのだ)。
pacifico07.jpg
 和喰メニューエリアから見ていこう。先ずは筑前煮と真薯(白身魚を使用した飛竜頭みたいなもの)。
pacifico09.jpg
 しーすー。凄い勢いで無くなってしまったが何とか3個程捕獲できた。
pacifico10.jpg
 山菜蕎麦かと思っていたら素麺だった。
 続いて中華エリアへにじり寄る。
pacifico12.jpg
 海老焼売と普通の焼売。隣は上海風のやきそば。
pacifico14.jpg
 左の烏賊の炒め物はレモンソース?黄色いソースがかかっており材料不明で今まで喰べたことのない味付け。給仕さんに聞けば良かったが残念。右下は野菜のオイスターソース炒め。上はペンネのトマトソース炒め。
 オードブルコーナーも一通り見に行く。
pacifico18.jpg
 上はチーズ各種。下は中華で蒸し鶏の棒棒鳥(バンバンジー)ソース、叉焼、左上は海月で塩蔵されたものでは無くカットも大き目。
pacifico17.jpg
 和風オードブル。上の生春巻きは海苔を巻き込んであり、スイートチリソースをかけていただく。下は鶏挽肉の餡を湯葉で巻いてある。ナイスミドルはこういうの好きだ。
pacifico15.jpg
 スモークサーモンは黒オリーブと玉葱、ケッパー添え、シーザーサラダ
pacifico30.jpg
 途中でカレーも攻める。自分でよそうのだが先客の皿を見ると具が少ないサラサラした欧州タイプのカレーのようだ。だが、保温器が底の深いタイプだったので一縷の望みを託して底までレードルを差し込んでみた。一気に引き上げて皿に盛り付ける。
pacifico28.jpg
 実は具沢山のシーフードカレーだったんだね。正に天網恢恢疎にして漏らさず。正義は勝つ(多分、違う)。
 前の人達は上澄みだけ掬ってしまっていたのだが、これはこれで美味しいので良しとしよう。
 ちょっと長くなってきたので後編へ続く。
タグ:横浜市
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
県外遠征(神奈川県) ブログトップ